スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年06月30日 (木) | 編集 |
先日TBいただいたブログサイト様で、『チーム・マイナス6%』を知り、早速参加申し込みしてしまいましたv

banner_rectangle.gif

詳細はこちら。公式HP チーム・マイナス6% - みんなで止めよう温暖化

『チーム・マイナス6%』とは、京都議定書によって日本が世界に約束した、
温室効果ガス排出量6%の削減を実現するための国民的プロジェクトだそうです。今現在、46,339 人が参加表明中。

地球温暖化防止・CO2削減のために、ひとりひとりができることから実践してゆく。『チーム・マイナス6%』では、その為の6つのアクションを提示しています。どれも決して難しいことではありません。具体的には次の通り。

----------------------------------------------
 1.冷房は28度に
 2.蛇口はこまめにしめる
 3.自動車のアイドリングをなくす
 4.エコ製品を選んで使う
 5.過剰包装を断る
 6.コンセントをこまめに抜く
----------------------------------------------

ね?どれも常々よくきくことですよね?
6つ全部実行しなくてもOK! できることから、少しずつ。自分だけやっても…などと諦めてしまわずに、チーム全体の効果を信じて頑張ろう!ということです。そして思うに、環境に優しいコトは概ねお財布にも優しいと思うのデスv一石二鳥ですよ、きっと。

ちなみに参加表明すると、ハンドルネーム(別に本名でもいいと思うけど)と会員番号入りのでっかい会員証がDLできるようになります。……会員証貰ってもね…とは思ったけどね(笑)
スポンサーサイト


2005年06月28日 (火) | 編集 |
先週の金曜日、布&雑貨友達のcomomoちゃんに連れて行ってもらった雑貨屋さんで、欲しかったティアラの10cm×10cmカットクロスを購入。30'sプリント80枚セットのやつですvそしてついつい、30'sプリントのくるみボタンも購入~~v その他にもこんな感じ↓

nuno001.jpg

週末はバタバタしていたので今日やっとカットクロスをあけてみました。今まではずっと実際に布をみて、一枚一枚選んで買っていたので、カットクロスのおまかせセットを買ったのは初めてv 好みじゃない柄や使いづらい柄ばっかりだったらどーしよーと思いつつ買ったんですけど、このセットはかなり満足vです。確かに自分じゃ絶対買わないような柄もあったけど(^^)それでも折角だから使ってみようと思いますv

そして昨日ようやくティーコゼーが完成したその勢いもあって、早速30'sプリントとリネンを使ったバッグ作りをスタートv 布の裁断とパッチワーク部分は終わったので、明日ミシンワークできるかな? くるみボタンもポイントに使う予定です。 完成したらティーコゼーと一緒に画像upしますね~。

2005年06月27日 (月) | 編集 |
大学生時代、サークルの友人達と話している内に「ムーミンってカバだよね?」という話題になった。ちょうどその場にいた先輩後輩巻き込んでついには「ムーミンは何故カバなのか?」と言う大論争に発展した(^^;暇人だったよなぁ…大学時代。つまりその場にいたほぼ全員が、ムーミンはカバだと思いこんでいたのである。約一名「妖精じゃないの?」と言った子はいたのだが…。

『ムーミン谷へようこそ』

この本は、そんな疑問に答える「大人の為の・ムーミン読本」です。
トーベ・ヤンソン作ムーミンシリーズ9冊に登場する主要なキャラクター達、ムーミントロールやムーミンママ、スナフキンやちびのミィ、勿論ニョロニョロやモランまでを一人一人取り上げて、本文~日本語訳~を添えながら、解説しています。…うーん、本当は解説…というのも違う気がするんですけどね。…そう、読み方を示してくれます。というのも、著者の言葉を借りるならムーミンの物語は「読者の年齢や欲求に応じて多重的に読み解く余地」があるからなのです。

こう書くと何やら難しそうですが、トーベ・ヤンソン自身の挿し絵がふんだんに添えられ、登場人物名のスウェーデン語読み~原作はスウェーデン語で書かれている~が併記されていたり、アニメ等では描かれなかった部分にも触れられていて、楽しく読めます。結構、へぇへぇへぇ…を連発v私的には、97へぇくらいかな(^^)この本片手に、ムーミンシリーズを読み直してみるのもお薦めです。また逆に、そんなのんびり9冊も読んでる余裕ないわ!って人にもお勧め。私はこの本を読んで、9冊読み直して、それまであまり好きではなかったチビのミィが大好きになりましたv

ちなみに答えを少しだけ言ってしまうと、ムーミンは妖精ではないそうです。……勿論カバでもありません。ムーミンの正式名・ムーミントロールのトロールは、いわゆる「となりのトトロ」の語源となった、トロールと同じらしいですけどね。そしてスナフキンの名前の由来って………ちょっとショックだったわ。

ムーミン谷へようこそ―いつでも、だれでも、好きなだけ
ムーミン谷へようこそ―いつでも、だれでも、好きなだけ
 冨原眞弓 著 / KKベストセラーズ

2005年06月22日 (水) | 編集 |
管理人、ばりばりの紅茶党です。家事など合間、或いは外出から帰った時、まずは紅茶を一杯v秋冬は勿論、夏でも暑い紅茶。たまに中国茶。ヤカンにお湯を沸かして、愛用のポットに茶葉を入れて、愛用のカップでいただく幸せ。常時4~5種類の茶葉が用意されて、この他にも出番を待つ茶葉がたくさんv新製品とか季節限定のお茶をみるとついつい買ってしまうから~。

と、それはよいのですが、毎日毎日必ずでるお茶がら。そしてティーポット洗いがちょっとなぁ~と思っておりました。ティーパック使うこともたまにあるけれど、たいていリーフを使用。それもポットの中でジャンピングさせる為に、いわゆる”お茶パック”などは使わないんですね。ざっと水を入れて、ネットした三角コーナーの中に流し込めば簡単だけど、只今シンプルキッチンを目指して、三角コーナー撤廃にむけて三角コーナーを使わないレッスン中なので(笑)

で、前から気になっていた、”茶殻でお掃除”試してみました。

そもそものきっかけはやっぱりこの春のお引っ越し。引っ越し先があまりにあまりに汚いので引越翌日全室を雑巾がけすることにしたんですが、どうせ雑巾がけするんだし、もし汚れたってコレ以上汚くはならないだろう…という、半ば投げやりな気持ちで(苦笑)

実は結構抵抗あったんですね、自分が飲んだものとはいえ、茶殻を撒いてホントに綺麗になるんだろうか、とか。変なシミが残るんじゃなかろうか、とか。

そして結果は。見事にはまっていますよ、茶殻でお掃除!

やり方は飲んだ後の茶殻を軽く絞って~余分な水分がたれない程度~、掃除したい個所に撒き、箒で掃き集めて終了。
茶殻についた水分が、細かい埃を見事に吸着してくれて、床すっきり。掃き掃除につきものの余分な埃も舞い散りません。そして掃き集められた茶殻に、”掃除したなぁ~~v”っていう満足感が得られるのも○v(^^)

だいたい我が家の掃除のパターンは、箒で掃き掃除した後、クイッ○ルワイパーをかける…というモノなんですが、茶殻で掃除した部屋は続いてワイパーしてもあまり汚れないんですよ、ワイパーが。それだけきっちりと、茶殻が埃を吸い取ってくれているんでしょうね。

それ以来今日はこの部屋、明日はこちら。また次の日は玄関と階段(アパートのね)♪と日ごと場所を変えてお掃除に使っていますv

室内に撒くことに抵抗がある場合は、まず玄関やベランダなどで使ってみてください。気に入ったらなら、徐々に室内へ。
茶葉は紅茶以外にも、中国茶や日本茶などなんでもよいです。特に緑茶だと、香りもよく消臭効果もあるとか。ただし細かすぎるCTCクラスの茶葉は、畳のヘリやフローリングの隙間などに入り込んでしまう恐れがあるので、お薦めしません。また、あまりにびっしょり濡れているのも、うまく掃き集めにくいです。個人的には農園指定のダージリン・ファーストフラッシュ~お高いです(笑)~飲んだ後に、それを使ってお掃除なんかすると、妙に贅沢な気分になってお薦め♪まあ、単に貧乏性…といえるかもしれませんが(苦笑)

あ~それにしても、シュロの箒が欲しい……。ネット通販しちゃおうかしら?

2005年06月20日 (月) | 編集 |
白川郷へ行って来ました。世界遺産に指定されている合掌造りの郷です。

nihon002.jpg

五箇山は何回か行ったことがあったけど、白川郷は初めて。
そして思いっきり観光地化されてた事に、ちょっと吃驚。
海外からの旅行者もたくさん居て、ああ、世界遺産なのねーと。
新緑も目に心地よく、野の花も綺麗でバシバシ写真とっちゃいましたよ~。
紅葉シーズンがお薦めらしいですけど、その頃この付近は大渋滞&大混雑だそうで。
ぶらりと歩くには、今が一番お薦めなのかもしれません。
お昼ご飯がわりに食べた、みたらし団子と五平餅と蕎麦ソフトは美味しかったです。うん、やっぱりみたらしは、甘いタレじゃなくて醤油に限りますわ。

そして見つけた小さなお気に入り2つ。

nihon004.jpg
木製の結構リアルなヘビ~~。小川の上にちょこんと居ました。小川の中には、ニジマスらしき魚が沢山と、鉄製の籠の中にはふっとくでっかいウナギが4匹。食べるのかなぁ?食べるのよね、きっと。

nihon005t.jpg
そして土産物屋の軒先に下がっていた大根!実はコレ、布製なんです。葉っぱとか質感とか大きさとか、とにかくすっごくリアル”! ちなみにお値段11,000円+消費税~。高っ。

あ。バシバシ撮った野の花写真は、順次web clapの方に画像upしてゆきますねー。

2005年06月19日 (日) | 編集 |
『100万人のキャンドルナイト』&『ブラックイルミネーション』本番の今晩、皆さんはどのように過ごされました?

我が家では主人の同意を得て、20時~21時半までの1時間半でしたが、4本のキャンドルの明かりの下で、食事&団らんしました~。

最初は”暗い、皿の中身が見えない”とこぼしていた主人も、すぐに慣れたのか”結構いいねぇ、静かだねぇ”と気に入った様子。ただうっかりと、メニューが”カレイの煮付け”だったので、薄暗い灯りの下、骨をとるのに二人して大苦労(大汗)こうゆう時こそ”骨なし魚”にすればよかったわ、などと思ったり。

ともあれ食後も暫しのんびりと過ごすことが出来ましたv
たまにはいいよね、こんな生活。

暗い室内から外をみれば、気のせいかいつもよりも暗い街並。参加してるご近所さん、案外多かったのかな?そういえば先程から隣~もしくは階下~の洗濯機が回り始めたので、もしかしてそちらも参加中だったのかもv

とはいえあまり言いたくはないのだけど、ウチからとってもよく見える大手スーパーの、かなり大きく明るい屋上灯。あまりに明々といつもと変わらず点いているので、あのスーパーは参加してないんだなぁ…と思っていたのに、さっきふらりとブラックイルミネーションの公式HP訊ねたら、ブラックイルミネーション参加企業に名前があったんだけど……。どの辺参加してたのかしら?どうせだったら、屋上広告灯も消して欲しかったわ、と突っ込んでみたり。それとも21日に消す予定なのかしら?

2005年06月18日 (土) | 編集 |
そもそも”シンプルライフ”って、具体的にどうゆうコトなのでしょう?
”シンプルライフ”と書くことは簡単だけど、考え出すと結構複雑。きっと答えはひとつじゃないし、ぜんぜんシンプルじゃないような(笑)

で、私なりに”答え”を考えるに

『少ないモノで、豊かに暮らす』

ことなんじゃないかな、と思います。

モノに囚われない暮らし。けど、モノにはこだわった暮らし。

鍋ひとつ皿一枚買うにしても、自分が本当に気に入ったもの、納得したものだけを選んで購入するようにしたら、アレもコレもと数が増えることもないし、手元にあるものを大事に使いこなすようになるでしょう?

大好きなモノに囲まれる暮らしも捨てがたいけど、モノが多いことの不都合だったきって多くなるはず。
例えば私の場合は、本。本好きでアレもコレもと乱読気味なんですが、一冊読みたい本をひっぱりだすのに、手前にずらりと並んだ本をよけたり、本箱に入りきらず押入に仕舞われた段ボールの中をひっくり返したり…と、余計な手間がかかっちゃう。もう、これ~本~だけは仕方のないコト…と半分諦めてますが、ソレ以外のコトに余計な時間をとられたくないのです。

だからキッチンの食器棚は欲しい皿を取るために手前の皿やグラスをよける…なんて配置にはしてないし、そもそも置いてある食器の数だって、きっと余所様より少ないハズ。鍋の数だって大中小ひとつづつに、ピクルスやジャム作りに使うためのホーロー鍋。フライパンはひとつだけ。それでもちゃんと、日々の料理のやりくりは出来ます。……カレーを作った時だけは、”鍋がないっ!”と叫ぶこともありますが(笑)カレー用の鍋が、ラーメンやパスタやほうれん草を茹でる鍋と兼用なので。だってカレーって……2~3食分まとめて作りません?

そして話は戻って、シンプルな暮らしは、スローな暮らしとも、エコな暮らしとも近似値だと思うのです。

自分が作った野菜やハーブを料理に使う。無農薬もしくは低農薬で。
ゆっくりと素材の味を噛みしめながら。自家製ドレッシング使い始めたら、市販のドレッシング買う気は殆どおこりませんよ?

クーラーの風よりも自然の風。暑いときは熱いお茶を飲みます。汗をかいてすっきりと。あ、もちろん熱中症や日射病になったりしても困りますが。

ゆっくりと、シンプルに、健康的に。
自分が楽しみながら。
そして人にも環境にも優しく。

そんな暮らしが目標です。

2005年06月16日 (木) | 編集 |
ちくちくキルティング中のティコゼー、やっと半分…というか片面ね…出来上がりました~。さあ、あと半分キルティングして、バイアスでまつれば完成だわv

以前キルティングが苦手…と書いたけど、結構パッチワーク関係のサイト様とか本とか読むと、キルティング苦手としてらっしゃる方、意外と多いようでちょっと力抜けましたわ。それでもきちんとキルティングライン書いて、キルティング用のシンブルと針と糸、使うようになったら、ある針テキトーに使って(笑)あるミシン糸テキトー(^^;)に使ってた時よりも、格段に縫い目が揃い、そしてスピードアップしましたわ。やっぱり道具って大事なのね、と実感。あとは…ロータリーカッターを上手く使えるようになれたら…(汗)いまいち上手く使えないのですよ。圧が弱いのかしら。全部切れてないことの方が多いし。そーいや私、昔っからカッターでモノ切るのヘタだったもんなぁ…と遠い目になっております。かといって、ハサミ使いが上手いわけでもないので、やっぱりマスターしなくっちゃね。そして早くも心は次の作品へv お揃い布のティーマットにしようかしら、それとも夏用バッグ作ろうかしら。悩みつつ本眺めている時が一番楽しいかも(^v^)
そして編みかけの玄関マットは、現在押入の中に仕舞われております。…だって、暑いんだもんっ!

2005年06月13日 (月) | 編集 |
近頃ナチュラルクリーニングばやりらしく、ちょっとした書店に行けば重曹や酢を使ったナチュラルクリーニングの紹介書が、軽く10冊は並んでいるようです。かく言う私も、使っていますよ、重曹&クエン酸。

私が重曹~いわゆる、ベーキングソーダ~を掃除に利用し始めたのは、去年の11月くらいから。ホームセンターの一角に年末の大掃除にむけた掃除用品コーナーが特設されていて、何気なくその横を通った折、POPの”モンゴル”の文字に惹かれて手に取ったのが切っ掛け。

そう私は、”モンゴル”とか”砂漠”とか”シルクロード”とか”遊牧民”という単語に、めちゃくちゃ弱いんですワ(笑)

『モンゴル生まれの魔法の粉』とかいうキャッチフレーズだったかな?要はモンゴルで産出された重曹だった訳で、重曹といえば山菜のアク抜きか、黒豆煮るくらいしか知らなかった私は、料理だけでなくキッチンの掃除に万能、しかも入浴剤や脱臭剤にも使える”魔法の粉”というキャッチを話半分、大して信じていないまま、それを購入。500g500円くらいだったので、”効果がなくても料理に使えばいいか~”ぐらいの気持ちでした。

ところがこの重曹効果を実感するには、たいして時間はかからなかったのです。

まず茶渋とり。キッチンハイターを使ってもなかなかすっきりしなかった茶渋が見事すっきり!これだけでかなりご機嫌ってモノですが。
コンロや五徳のべたべた。換気扇の油汚れ。落ちる、落ちるやんけ!
諦めていたホーロー鍋ソコの焦げ付き。重曹つけて歯ブラシでこすると、あきらかに焦げが軽くなっていく!……全部は落ちませんでしたがね、酷すぎて(^^;)

調子に乗った私はもっと重曹の使い方をマスターすべく、図書館でナチュラルクリーニング関係本を何冊か借りて読んでみました。そして謎は解けました。

そもそも油汚れやキッチン関係の汚れの多くは酸性であり、重曹のアルカリ性によって中和され、汚れが落ちやすくなるという、”魔法”ではなくまったくもって理にかなった”科学”だったのですよ、重曹効果は。

そうとわかれば、どんどん使っていきましょう。キッチンだけでなく、今では風呂掃除やトイレ掃除、玄関掃除なんかにも使っています。フローリングの汚れ落としに使うこともあります。

中でも一番効果を実感したのは、この3月末の引越にて。転居してきた先~つまり現在住んでいる社宅~のあまりの汚さにウンザリしながら、引越早々掃除にあけくれていた時のコト。

単身者が5年ほど住んでいたという社宅は汚れ放題で、風呂場などは足を踏み入れるのも躊躇うほどカビだらけで最悪でしたが、キッチンだってカビなのかサビなのか、油汚れなのか、よくわからんモノで汚れきっていました。

さすがにこんなに汚れが酷くては、いくら重曹でも無理だろう…と、私は少しだけ残っていた強力レンジクリーナーを引っ張り出して使用。更には洗剤付きのスチールタワシまで持ち出してキッチンの汚れと対決。ちなみにコレらの合成洗剤やタワシの類は、重曹を使い始める前に使っていたモノの残りで、重曹を使い出してからは一切使ってなかったんですね。で、いつか使うこともあるかも…と残しておいたソレらを使う時は今!と、ガシガシやった訳ですが……。多少汚れは落ちるものの、いまひとつ綺麗にならない。

コレはもう諦めた方がいいのかなぁ……と諦め半分、試しに重曹を振りかけて歯ブラシでこすってみたところ。

あっさり落ちるやんけ、カビとも錆ともつかなかった汚れがっっ!!

レンジクリーナーとタワシ効果で、汚れが柔らかくなっていた可能性もありますが、とにかくあっさりとさしたる苦労もなく、落ちてゆく汚れ。
その時の私の心境は、”アタシのこれまで~キッチン全体で2時間くらいガシガシやってた~の苦労はなんだったの~~~~”で、ございました(苦笑)

信じられないかもしれませんが、本当です。いや、ホント。凄いから。使えるから重曹。お薦めですv

2005年06月08日 (水) | 編集 |
頑張って編んでますよ、玄関マット。
1/3くらいは編めたかなぁ、今現在。
とはいえ、編みすすむにつれ…そして世間が夏に近づくにつれ…、段々編むのが暑くなってきましたわ、やっぱり。手に汗かく程ではないんですが、編みあがった分、のせている足あたりがね。やっぱり編み物は秋口から冬場が相応しいのかも(笑)
作りかけのティーコゼーも、ピーシングの最後の部分で止まっているので、そっちをやろうかなぁ?まあ、ティーコゼーも夏場はあまり使わないので、急ぎはしないんですけどね。

夏といえば、そろそろアイスティー用の茶葉を仕入れなければなりません。去年のブームは、レピシエの”さくらんぼ”と”マスカットダージリン”だったけど、今年はどうしようかしら?”アールグレイ”系は微妙に歯にくる気がして、アイスで飲むのはちょっと苦手だし。本音を言えばリニュ前の”ライチ”がすごくすごく好きだったのですが。うーん、悩むわ。


2005年06月07日 (火) | 編集 |
ぜんざいが好きです。
粒あんの中に、ぷっくりと小さめの白いお餅が2つか3つ。ちゃんと焼き餅を使っていて、端っこや角っこにちょびっと焼き色がついてたりすると、最高だと思います。

で、何故か食べたくなるんですわ、夏になると。
夏とはいわずとも、暑くなってくると無性に”甘味処”の文字にフラフラ誘われてしまいます。何年か前の夏、京都行った時もそうだった。周囲がかき氷だの、フロート系だの注文する中、一人ぜんざいを注文してたわ。だって、メニューにあるからには、夏だって暑くたって注文したっていいワケだと思うし。

外の暑さから逃れて涼しい店内に入り、熱いお茶~ほうじ茶あたりが嬉しい~と熱いぜんざいを食す。塩昆布なんか添えられてたりすると、更に嬉しくて踊りたくなります。そーいや、昆布茶飲むのも好きだなぁ…。これは季節問わずだけど。

そんな訳で今日、友人宅への手土産のかき餅を買いに行ったついでに、併設の甘味処でぜんざいを食して来ました。塩昆布とぬれ煎餅もついてて、ぜんざい~小さいお餅3つ入り~で315円♪ あ~幸せだった。ちなみにコレが今日のお昼でしたヨ(笑)

2005年06月05日 (日) | 編集 |
独身時代、実家の私の部屋は何故かぬいぐるみであふれかえっていた。確かに気に入って自分で購入したくじらの縫いぐるみとかも1つ2つ位はあったのだが、殆どのものが友人知人からのプレゼント。卒業記念だとか誕生日とか、旅行のおみやげとか。白状するならUFOキャッチャー系の、キャラ縫いだけでも20個くらいはあったんじゃなかろうか?これも自分で獲ったワケではなく、全て貰い物だったりするワケで。

この他自分が旅先で購入した土産物やら、CDやらJサポーターグッズやら一番大容量を占めていた壁一面ほどはある本棚いっぱいの本、とか。
とにかくモノであふれかえっていた部屋で暮らしていた割に、当時仕事が忙しかったこともあり、殆ど部屋の掃除などせずにいた(^^;)

さてそんな私も、ン年前、結婚して家庭に入ったワケですが。
新婚当初はね、やっぱり色々飾ったりしたのですよ。玄関とかね、ダイニングの壁にポストカード吊したり、鉢植えデコレーションしたりね。当初は私も仕事を続けていて、しかもお互い交代勤務だから、月ごとに勤務のローテーション、ボードに可愛く手書きしたりしてさ。でも。

棲んでるトコが、築30年は経とうというボロ社宅なんである。
おまけにほぼ2年に一回引越を繰り返す、転勤族なんである、旦那の仕事が。

結局引越の度に持ち物は少なくなり、部屋の装いどころか、置いてあるモノすら段々シンプルに…。
勿論、玄関とかは飾ってますよ?それでも花瓶に季節の花を飾る他は、その時々の気分にあった小物を1~2点添えるくらいです。ごちゃごちゃ置いていた、本棚の上やテレビの上もほぼ撤去。いずれ詳しく書く予定でいますが、リビングに及ばずキッチン、バスルームに押入の中まで、削れるモノはとことん削ってみたのです。特に今春、3月末の転勤・引越でそれを徹底してみました。

結果。

掃除が楽なんですよ、奥さん!

アレをずらして、コレもずらして…が、少なくてすむから拭き掃除もラク。ラクだから、思い立った時にちょこちょこっとで済みます。マメに掃除するようになったから、汚れも少なく、手袋して住宅用洗剤片手にごしごし…なんてことも、減りました。

思えば実家の自分の部屋、滅多に掃除しなかったのも、モノがありすぎたせいなんじゃないかなぁ…と今にして思います。

ともあれ、暫く止められそうにありません、目指せ、シンプルライフ。だって、掃除以外にも、色々と楽だから。

それでも日々買い物に出かける度、モノは家の中に入ってくるし。本好き布好き小物好き…の性格が変わった訳でもないので、誘惑は非常に多い。なにせ、現在は消費社会だから。ほんと、日々悪戦苦闘ですよ。

ここ~目指せ!シンプルライフ~では、そんな日々の暮らし、私流のモノを減らすテクニックetc…。つづってみたいと思います。 不定期連載(^^;)

hana004.jpg

2005年06月05日 (日) | 編集 |
今日はDaが泊まり番で夕飯その他作らなくても良かったのです。そこでふと思いついて、暫しキャンドル生活にトライしてみました。

まず用意したのは、いつも使っているアロマ用キャンドル一つ。時刻はそろそろ薄暗くなりかけた18時半過ぎです。

点灯。
結構暗いもんだなぁ…と思いました。その時点ではまだ外が薄暗い程度だったので、余計感じたのかな?

そこでクリスマス用に買っておきながら使わずにいた蝋燭のことを思い出し、押入から引っ張り出して、こちらも点灯。
これでキャンドル2つになった訳ですが、やっぱり暗い~って思いましたね。

akari01.jpg

ま、ともあれ今日はこんな感じ↑で、チャレンジです。
本日の夕飯メニューは、次の通りv
 ・カブとかピーマンやニンジン、トマト等のマリネ(昨日のウチに漬け込んでおりたモノ)
 ・ゆでたジャガイモとゆで卵(昨日の夕食の残り・笑)
 ・フランスパン一切れと自家製パイナップルのマーマレードv
 ・サバのみりん漬け(朝食時に、一緒に焼いておいたモノ)
という訳で、新たに火は一切使わず~手抜きといえば手抜きですが~一部和風が入りつつも、なんとなく一昔前の、カントリー風というか、田園暮らしっぽいメニュー?
以上を蝋燭の灯りの下で、食べました。

当然テレビはつけず、聞こえるのはすぐ横を流れる小川~正確には用水~のせせらぎと、カエルの声。……すぐ隣が田圃だからね(^^;)

通常一人で食事をとる時は、テレビを観つつだったり、新聞や本など読みつつだったりするので、一人きりでかつ食事に専念するというのは、なかなかない体験。いつもよりも味をはっきりと感じる気さえします。暗さに慣れていないので、ムードたっぷり…とは断言できないけど、それなりにいい感じvに思いましたヨ。

そして食後は、一度やってみたかった蝋燭の灯りの下での、縫い物或いは編み物!蝋燭2本の灯りが、予想外に心許なくて縫い物は断念。ちょうど編み編み中の玄関マットの続きを編むことにしましたv

100年前まで、西洋も東洋も世界中どこでも、こんな暗さの中で暮らしていたのかな?
電気のもたらす明るさに慣れた目には、2本ばかりの灯りはかなり暗いです。指が覚えている棒編み、それも単純な編み方だから、編めたのかな、って感じ。それでも一時間ばかり編んでいると、さすがに目に来はじめたので、本日のキャンドルナイトはこれにて終了。

キャンドルを吹き消して、つけた電灯の明るかったこと!
電気って凄い!って心底感じました。同時に、夜がこんなに明るいなんてやっぱりどこか”自然じゃない”のかな、と。
だからって、電気を否定する訳じゃないし、電気が現実に日常生活を支えているわけだし…。でもやっぱり、オール電化とかはちょっとなぁ…。
そんなこと感じつつ、また機会をみつけてやってみようと思っています、キャンドルナイト。だってやっぱり、”いい感じv”ですものv

本日の教訓。
 目を使うコト~読書とか裁縫とか~するつもりなら、蝋燭は3本以上準備しようv 食事程度ならまだ平気ですが。2本程度ではかなり、目にきます(苦笑)……慣れるのかな、そのウチ?

2005年06月03日 (金) | 編集 |
花屋の軒先でみつけた、”マリモちゃん”が気になっております。
マリモちゃん、といっても北海道土産のアレではありません。
ガーベラの珍種だそうで、れっきとした植物。あ、いわゆる北海道のアレも藻だから植物なんですけど、葉っぱもあり、茎もあり、そして花形がまん丸の球体、そして綺麗な緑色なのです。ネギ坊主を小型化して、真緑色になった感じ…といえばいいのでしょうか?とにかく可愛かった!

もともとマリモ大好き、ン年前の北海道旅行でしっかりお土産として持ち帰ったマリモ3匹(…匹?)を今も飼育中の私。この”マリモちゃん”もぜひ我が家にお迎えしたい!…とは思ったけど、一鉢千円越えは少々予算オーバー。だってガーベラってことは、一年草なわけだし…きっと種もとれないだろうし…。うーんうーん。400円くらいなら、即買いだったんですけどね(笑)泣く泣くお別れしてきたのでした。

今日ウチで収穫したバジル
bajil001.jpg

トマトスパゲッティ作る時用に…と暫し放って~水やりは毎日してますよ?~おいたトコロ、いくらなんでも、デカクなりすぎだろっ!って感じ。土に混ぜた卵の殻が訊いたのかしら?(笑)トマトサラダにも散らそうと思います。
夏はやっぱり、トマトが美味しいですね。あ、衣替えもしなきゃね。

2005年06月02日 (木) | 編集 |
布仲間(笑)のcomomoちゃんと、最近オープンしたという布屋さんに行って来ましたv布屋さんかと思っていたら、おしゃれな雑貨もお店の半分ほど置いてあってなかなか楽しかったです。

厚めのリネン70cmとワッフル1m購入。リネンの方は夏向きの手提げバッグにする予定だけど、ワッフルは何に使おうかなぁ…。特に予定もなく買ってしまったのです。だって手触りが幸せだったから!ワッフルってどうしてあんなに幸せ感を誘うのでしょうか?ワッフルって響きが既に幸せ過ぎる(笑)

他にもいいなvと思う布もあったのだけど、とりあえずはが~ま~ん。
だって布が溜まってきちゃってるし、作りたい予定ばかり先行しちゃってるし(^^;
布と本はどこかで歯止めをかけないと、そりゃーもう増え続けるのですわ。これじゃあ、ただの「布マニア」だよ~と笑っております。
今現在の歯止めは、収納してる箱!前にも書いたけど、本当にただの紙箱~大中小と3つ~に入れてます。ただもう既に溢れてるし(^^;) 
近所の雑貨屋さんにちょうどいい大きさの蓋付き籐籠が売っているのですが、中布がないヤツなんですよねぇ…。中布を自分で縫っちゃえば?という考えも浮かびつつ、積み重ねやすく収納しやすい長方形にするか、フォルムが可愛い楕円形の方にするか。悩みどころです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。