スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年09月29日 (木) | 編集 |
りんごが安く出回る季節になりましたね。
ちょっと小ぶりのリンゴが安く売っていたので、早速購入。そしてリンゴジャム&リンゴパイ作り。

apple001.jpg

小さめのリンゴ5個を銀杏切りにしたところ。20cmの鍋にほぼいっぱいになりました。
向いた皮はペクチンと色づけの為にまとめてティパックの袋に入れて、一緒に煮ます。
紅玉ではなかったのでレモン汁一個分を追加して、かき混ぜつつ15分ほど。

その一方でパイ生地の準備。
準備と言っても先日パンプキンパイを作る時に、多めに生地を作っておいたので、それを伸ばすだけ(^^)

apple002.jpg

一緒に入れたリンゴの皮から色が出て、綺麗な薄紅色になりました。半分はパイに使います。

apple003.jpg

できあがりはこんな感じ。とろみを程良く固める為、小麦粉を振りかけたらちょっとダマになってしまったけど、甘みも程良くv右奥はおなじみweckの瓶に入れたりんごジャムです。今回はちゃんと煮沸して脱気したので、常温保存できるハズ。←いつもは冷凍&冷蔵保存なので(^^)
そうそう、先日作ったログキャビンの鍋つかみですが、大きさがちょうどいいので、鍋つかみとしてよりは鍋敷きとして使っています。色合いといい、秋向きなんですものv
スポンサーサイト


2005年09月28日 (水) | 編集 |
車の購入と同時に加入して、はや何年のJAF。今まで縁なく無事過ごしてきましたが、ついにJAF初体験しちゃいました(=▽=)

約束があって出かけようとしたら、愛車のエンジンがかからないっ!何度キーを回してもかからないっ!実は一昨年あたりの今頃にも一度、バッテリーあがりで動かなくなったことがあったんですね。その時はJAFではなくメーカーさんを呼んだんですが、今回は呼びました、JAFを!

オペレーターのお姉さんに、事情と場所を告げて待つこと30分。でっかいクレーンのような機材を乗せたJAFの車がアパートの駐車場に入って来た時はさすがにちょっと恥ずかしかったです(^^;)

結局今回はバッテリーあがりではなく、”プラグかぶり”というモノだそうで。低温がちな季節に普段近距離しか走らない車に起こりがち…だそうで、水温計(?)の針が上昇する前にエンジンを切っちゃうと起こるんだそうな。再発防止には『毎日最低20分は走るようにしてください』とか言われたけど、そんなこのガソリン高騰時に、意味なく毎日20分も車でお出かけしたくありませんわ。それでなくても近所はできるだけ歩いて行くようにしているのに。……ともあれ、そんな言葉は飲み込んで、「有り難うございましたv」ええホント、助かりましたわ。オペレーターの方も、救援に来たお兄さんも、本当に親切でした。感謝ですv 

さて、秋の交通安全運動ももうすぐ終わり…ですが、この時期はいろいろ楽しいモノを配ってますよねv
「事故ナシ(梨)」「ゆっくり(栗)走ろう」あたりはまあ定番ですが、先日Daが帰ってくるなり「コレ貰った」とシメジを。
何故、シメジ!と思ったら「シートベルトをシメジ」だそうで。く、苦しい…。思わずシートベルトじゃなくって、別のモノをきゅっとしめちゃいたくなりましたが(^^)「交通ルールをまもらん(卵)まい(米)」も苦しいと思ったけど。~まもらんまい~は、こっちの方言で「まもりましょう」って意味です。
そして今日、出先で、ハロウィーンの魔女っぽいマスコットを貰いました。駄洒落は特になかったみたいですわ(^^)

2005年09月27日 (火) | 編集 |
ラディッシュの発芽温度は25度だそうです。
種をまいてから雨の日や、肌寒い日が続いて、大丈夫かな~?と思っていたんですが、昨日無事、小さな芽が!

yasai003.jpg

そして今日、ぽかぽか陽気に誘われるように、ほらたくさん。

yasai004.jpg

均等に撒けてないだけじゃん…というツッコミは、自分でいたしました(^^;)だって種ちっちゃいんだもん。

それにしても、あんなちっちゃい種からちゃんと芽がでて、それが育ってゆくなんて本当に不思議だわ~。毎回何を植えても感動してますわ(^^)

2005年09月23日 (金) | 編集 |
飛騨特産『宿儺(すくな)かぼちゃ』を貰いましたv
栗のような甘みが特徴のこのかぼちゃ、一見細長いヘチマのような形をしています。皮の色も薄い緑で、皮もふつうのカボチャに比べて薄いんです。

どんなかぼちゃ?と思われた方はこちらへ ↓
 JAひだのHPに飛びますv

さて煮物にしても天ぷらにしてもよいと言われるこのカボチャで何を作りましょうか。栗のような甘み…と聞くからには、作りたくなってしまったカボチャのマッシュ!そしてカボチャのマッシュから作るパンプキンパイ!

eat009.jpg

マッシュには牛乳を入れただけですが、パイに入れる分には卵とバター少々、砂糖大さじ1にナツメグと胡椒をプラスしました。
パイにしては砂糖が少ない分だけ甘みが薄いかな?…とも思ったんですが、一切れ食べ終わるとちょうどいい感じの甘さ。ほのかな甘みにスパイスが効いた大人のパイになりましたvたまたま遊びに来た、Daの友人夫婦にも好評でしたわ。

2005年09月23日 (金) | 編集 |
今時のオール電化住宅や、高気密高断熱24時間換気システムの家にお住まいの方には縁のない話かもしれませんが、築30年といわれる社宅住まいの身に、冬の湿気対策は必須事項です。

ある意味冬は、湿気との戦いといってもいいかもしれません。ちなみに去年まで居たアパートは、川沿い・一階・北西の角部屋…と悪条件が重なり、見事に撃沈(--;) 北側の部屋~寝室にしていた~の窓付近の壁はカビだらけ。トイレの壁も、毎朝びっしょり結露して、日々の掃除の一番はじめにすることは、トイレの壁や窓の結露をふき取ること…だったのです。

で、カビを取るために、除菌アルコールやカビ○ラー~この頃はまだ時々使ってました~使って…。過剰な湿気は勿論、こんな状況が体にいいわけないのです。まあ、この辺の理由が”家を建てよう!”と思った理由の一つではあるのですが。でも隣の部屋の奥さんも二階に住んでる方も似たような状況だったらしいです(--;) ちなみにその前に住んでいた一軒家(社宅)は、押入の床に水が溜まる…という事態を披露してくれました。出る時知ったんですけど、ちょうどその押入の裏側の壁に亀裂が入ってた…。…もう、こんなんばっかしや、ウチの社宅(怒)

さて気を取り直して、今年のアパートは3階で風通りもよいので去年ほどの酷い事態にはあわずに済みそうな感じv梅雨時も殆ど除湿器がいらなかったしね。それでも最近の朝夕の冷え込みに、朝方は結構結露するようになってきたので、今年は、防寒対策も兼ねて窓に『結露防止シート』を貼ってみましたv

ホームセンターで売ってたもので、透明度が割と高く、窓の大きさにあわせてハサミでカット可能。何より水張りできる簡単さが気に入って試しに一部屋だけ貼ってみたのですが、これが結構いい感じ!

貼って一週間ほどになりますが、空気の層がクッションになって、今のところ結露してないんですよ!断熱効果もそれなりにあるのか、ガラス窓に手を近づけても前ほどひんやりしません。部屋温度も2~4℃違うという調査結果もあるそうです。 去年は結露防止スプレー買って、2~3週間ごとに塗り直してましたけど、今年はコレだわねv近いウチに他の部屋の分も買って来ようと思っています。 厚手のカーテンをひくのも考えたんですが、日中部屋が暗くなるのがイヤなんですよね…。…というか、カーテンレール、一部屋除いて、ついてないし(笑)

2005年09月23日 (金) | 編集 |
今日は朝8:35からNHKで「ターシャ・テューダー四季の庭」を観る!という第一目標がありましたv
いつもだったらその時間帯、掃除や洗濯やら洗い物やらしているのですが、とにかく今日は洗濯だけやっつけて、なんとか8:34分にはテレビの前へ(^^)

そして流れ出した映像の美しさに、1秒後にはバーモンドの自然の中に心が飛んでおりました。

ターシャさん自身が「輝きの季節」と呼ぶ6月。咲き乱れるシャクヤク、アイリス、ハナミズキ、そしてオールドローズ。数え切れない色とりどりの花たち。それは決して派手な色や自己主張の色ではなく、周囲と調和し互いを支え合う美しさ。その中をゆっくりと歩いてまわるターシャさん。手には一輪、また一輪と庭からつみ取った小さな花たちを携えて。

う~ん、すごい(^^)/
写真等で知ってはいましたが、四季をおって移り変わっていく庭の美しさにただただため息でした。ターシャさんを支える息子や孫たちの姿にも感動です。動きまわるコーギーは本当に、動くぬいぐるみのように愛らしかったv
毎日午後4時にテラスでお茶をするのが日課というターシャさん。ターシャさんの庭では、時間すらゆっくり流れているかのようでした。暖炉で時間をかけてやくローストターキーも、本当に美味しそうでしたわ。

『絵本の国で暮らしているよう』『この世の楽園』
30年の歳月をかけて、ゆっくりゆっくり楽園をこの世界に誕生させたターシャさんに、改めて深い敬意を捧げます。

ところでNHK…この番組、DVDにしてくれないかなぁ?絶対買っちゃうと思うんだけどv


さてその後は、天気とにらめっこしつつ、キッチンガーデン作り~。観たばかりのターシャさんの庭を思い浮かべつつ、植えましたよ、ブロッコリーとラディッシュをv

yasai002.jpg

元気に育ってくれるといいな。


2005年09月22日 (木) | 編集 |
完成。変形ログキャビンの鍋つかみv

patti005.jpg

ログキャビンだし、クリスマスだし…とわかったようなわからないようなイメージで赤をメインに作ってみました。……結構目に痛いかも。
早速使ってますが、大きさはちょうどいい感じです。鍋敷きになるサイズかも(^^)もう一個作る予定です。……でも配色はちょっと変えよう(^^;

ログキャビンはどんどん布をつないでいくのが楽しいですv長方形で作ったこともあって、何回か布の長さを切り間違えましたが(--;) ←というか、切りながら縫っていることが原因なんじゃあ…と自分でつっこんでみたり。
やっぱり最初にきちんとレイアウトシート作った方が良いかもね。

2005年09月22日 (木) | 編集 |
春に植えた花&ハーブたちがそろそろ盛りを過ぎたので、秋植えの苗を探しに行ってきました。
毎年たいていビオラとかスノーポールとか球根とか植えるものが決まっているんですが、今年はキッチンガーデンにも挑戦!と苗&種を買ってきました。

yasai001.jpg

ブロッコリー苗と、ラディッシュの種です。
ラディッシュは前にも植えたことがあるけれど、ブロッコリーは初挑戦。天気がよければ明日植えようと思います。うまく育ってくれるといいな(^^)

そして最後のバジル収穫。
花は飾ってみました。

bajil004.jpg


2005年09月21日 (水) | 編集 |
なんとか復活しました、マイPC。
ディスク交換か買い換えか…と、ちょっぴりあきらめムードだったんですが、Cデッキの再インストールで無事起動できましたよ(^^)/

セーフモードでも起動できずBIOS初期値に戻しても×だったんで、再インストも無理…かと思っていたんですが、できましたわ、再インストール。
まだ元通り…とはいろいろ言い難いですけど、とりあえずネットにはつなげられるようになりました。ちょっとづつ、元にもどしていこうと思います。

ま、いろいろ再セットしなくちゃならないソフトがあって面倒だけど、パソの整理しなくっちゃ…と思ってたところだったから、ちょうど良かったかもv

それでもなー。先週の金曜日に、ウィルスチェックかけてスパイウェアも除去して、デフラグとディスククリーンもしたばっかりだったのに、日曜日にトラブるなんて、ちょっと納得いかなかったり(;;)

2005年09月19日 (月) | 編集 |
パッチワーク用のカットクロスや、ベース用やら、その他いろいろの布達をちょっと整理してみましたv

nuno002.jpg

え~ホントはまだまだたくさんあるんですが(^^;)とりあえず、ここ暫く使いそうな布だけをセレクトしてバスケットにつめてみましたv
季節柄そろそろクリスマスアイテムにとりかかる予定なので、赤や緑や白っぽい布を中心にセレクト。
お~これで、見やすくなった…と自画自賛。

さて何を作りましょうか?
ブックオフで200円でgetした"ぬ~のDX vol4"のクリスマス特集眺めながら、考え中ですv
あ、その前に縫いかけの鍋つかみ、完成させなきゃね。あとバイアスでくるむだけなんだど、この時期って次何を作ろうかと思って、一番ウズウズするわ(^^)

2005年09月18日 (日) | 編集 |
マイパソが壊れました(T~T)
セーフモードでも立ち上がらないので、これはディスク交換かなぁ・・とあきらめ中。
今日はこれからお出かけだし、その後実家に泊まる予定なので、修理に出すにしろ月曜日以降になります。

しばらくネット落ちするかもしれませんが、その時は、
「ああ、パソ修理に旅立ったのね~」と、思ってくださいませ(^^;)

2005年09月16日 (金) | 編集 |
今週の日曜日、comomoちゃん家で、友人達と家族ぐるみでバーベキューの予定です。
なので、ちょっとリクエストもいただいたことだし(^^)持っていく為のピクルス作り♪となりました。
漬け込む時間がないので、即席ピクルスですけどね。
さて、ここでもブリコの鍋が大活躍! 元々ホーロー鍋が欲しかった理由の一つに、ピクルス作りの為…というのがあったんですよね(=▽=)

eat006.jpg

今回は、酢3カップ、料理酒2カップ、水2カップの割合で作ることにしました。いつもは日持ちさせるために水は加えないんですが、その為どうやら私の作るピクルスは、かなり酸っぱいらしいので(笑)
以上に砂糖大さじ3,塩少々、粒胡椒、唐辛子とローリエの葉を加えて5分ほど煮立てて冷ましておきます。

eat007.jpg

中身はこちら。ピーマン3個と、赤と黄のパプリカ各1個、そして紫玉葱半分。別にゆで卵を3個。
野菜は予め塩水につけておきます。ピクルス液、塩水漬け、どちらも24時間おくのが味がまろやかになるコツらしいんですが、今回は8時間ほどで(^^;)

eat008.jpg

ボーカルハイファイのガラス容器3/4Lに入れたところ。煮詰めたせいか、少々ピクルス液がたりませんでしたけど(汗)まあ、こんなものかしら?うまく浸かってくれると良いのですが。

さあ明日は、余力と根性があったら、久しぶりにパイ生地でも練ろうと思いますv りんごパイ作るんだ~。しかしながら、ベーコンと卵のパイも捨てがたいのです(^^)

2005年09月15日 (木) | 編集 |
前々から買った方がいいかも…と思っていた、干し網(干し籠?)買いました~。

himono006.jpg

ちなみに100均です。ホント最近の100均は侮れないものがありますね~。
S字フックがついてるので、フックで連結可能の優れもの。とりあえず使ってみて、使い勝手がよさそうならもう1~2個買ってもいいかな。
でも正直…中が洗いにくそうなんですよねー。それ程汚れないとは思うんですが。

そして先日から干していた大根。こんな感じになりました~。

himono007.jpg

実は半月切りにした方が、黴びてしまって (T□T)
やっぱり切り干し大根を作るには、冬の方がいいのかも…とまたも反省しました。
千切りにした方はなんとか…無事…かな?一部、厚みがあったモノはやっぱり黴びらしきものがあったので、泣く泣く処分しましたが。
ともあれ、こんな少量でも切り干し大根の甘いような懐かしいような香りがふわりとして、ちょっと幸せなのでした。さて、何に使いましょうか?7

2005年09月14日 (水) | 編集 |
残りご飯を利用して、お煎餅もどき(^^)を作ってみました~。

eat005.jpg

ウチによくコメントくださってるyohkoさんに作り方を教えていただいたのですが、レンジで加熱すべきところを、うっかりフライパンで焼いてしまって(^^;)

お焦げせん?焼きおにぎり?…みたいな?マーク付きお煎餅に。
でも味は美味しかったですよ~。ゴマと醤油のハーモニー。お米にお醤油ってやっぱりあうわ~(^^)と、大満足の昼ご飯となりました。……昼ご飯に食べてるあたりで、やっぱりお煎餅じゃないですね。
次作るときは、もうちょっと小さめに作ろうと思いますvそして緑茶とともにいただくのだ。熱いお茶がちょっと嬉しく感じる季節になりましたね。

2005年09月13日 (火) | 編集 |
ターシャ・テューダーさんの名前を知ったのは、ごく最近です。とにかく素敵な庭をつくる方…といったガーデナーとしての側面から知ったのですが、この本を読んで、ターシャさんの生き方全てに感動と憧れと尊敬をいだきました。

今がいちばんいい時よ―ターシャ・テューダーの言葉〈3〉 今がいちばんいい時よ―ターシャ・テューダーの言葉〈3〉
リチャード・W. ブラウン、ウィンズロー テューダー 他 (2004/12)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


ターシャさんは、今年90歳になる、”現役の”挿し絵画家であり、絵本作家であり、ガーデナーです。アメリカ・バーモンド州の山奥に、30万坪の庭がある一軒家に、コーギーや鶏など動物達と暮らしています。
その生活は1830年台のアリーアメリカンスタイルそのもの。薪ストーブを使い、灯りは手作り蝋燭。飼っている鶏の卵を調理し、山羊の乳を搾り、衣服すら繊維をとるために植物を植え、水にさらして糸にし、染め、それを織って仕立てるとか。

さすがに最近では、飼っていた山羊たちを手放し、手を入れる庭の規模も縮小されたそうですが、「やりたいこと、学びたいことがまだたくさんある」と言い切る彼女は、自信にあふれ、自由でそれでいて、自然体です。

この本は、そんなターシャさんの日々の暮らしの写真一枚一枚に、彼女の言葉を添えた構成になっています。

短い言葉。飾らない、当たり前の言葉ばかりですが、『今がいちばんいい時』と”老い”を楽しみ、一人暮らしを楽しむ彼女の言葉は、ゆっくりと心に響くものがあります。広大な庭に咲く花々と、そこに立つターシャさんのナチュラルな姿に、私もこんな素敵なおばあちゃんになりたい!と思ってしまうのです。

実はNHKでターシャさんの特集が組まれるときいて、楽しみにしていたのですが、BSハイビジョンでの放送だったので、観られませんでした(;;)再放送スケジュールもあるそうですが、そちらもBSらしく…。そのうち、CSで放送してくれることを待ちますワ。

思うとおりに歩めばいいのよ―ターシャ・テューダーの言葉 思うとおりに歩めばいいのよ―ターシャ・テューダーの言葉
この商品の詳細を見る

楽しみは創り出せるものよ―ターシャ・テューダーの言葉〈2〉 楽しみは創り出せるものよ―ターシャ・テューダーの言葉〈2〉
この商品の詳細を見る


2005年09月13日 (火) | 編集 |
先日来チャレンジしてきた干しサツマイモですが、ど~もこう、思うような飴色になってくれない…(--;)
表面が白くなって、麦芽糖たくさんv甘みは保証します風(^^;)ではあるんですが、触るとどうにもカチコチで。
なんか間違ってるんだろうなぁ…と検索かけてみたところ。色々判明しましたわ。

干し芋作りには、12~1月の寒い頃がベスト、とか。
日当たりが良すぎると硬くなるとか。
干す前にしっかり充分蒸すといい、とか。
干す期間は7~10日程度かかる、とか。

うわ~ん、どれもダメダメじゃん(^^;)
すみません、反省しました。でもこれで、ポイントはわかったから、近いウチにリベンジするわ!

そして懲りずに今日のチャレンジは、大根です!目指せ切り干し大根v

himono005.jpg

真ん中に写っているのは、昨日から干している唐辛子と椎茸です。椎茸、水分抜けると小さくなりますよね~。市販されてる干し椎茸って、結構大きかったりするけど、元はどんなに大きいのかしら?

あ。ゴチゴチの干し芋は、勿論責任持って食べますよ~。お昼ご飯に少し食べてみました。顎ちょっと疲れたわ。

2005年09月10日 (土) | 編集 |
『狼森と笊森、盗森』は、宮沢賢治の生前に出版された唯一の童話集『注文の多い料理店』に収録されている短編です。

注文の多い料理店
注文の多い料理店
宮沢 賢治

『注文の多い料理店』には序文と9つの短編が収められていますが、私のお気に入りは序文(^^)と『狼森と笊森、盗森』です。おそらく、好きな賢治作品を5つ選びなさい…と言われた時に、必ず入るんじゃないか…と思われます。ちなみに3つに絞りなさい…と言われたら、胸をはって”3つになんて絞れません!”と言うでしょうね(^^)

さて舞台は小岩井農場の北に位置する4つの森。時代はずうぅぅと昔、何度も噴火を繰り返した岩手山がようやく静まって、野原に草が生え、柏や松の木も生えだして、ようやく4つの森ができた頃。
4人の百姓達がやってきて、周囲の森に問います。ここに畑を作ってもよいか?と。そして森達は「いいぞぉ」と一斉に答えるのです。やり取りは何度か繰り返されます。人は森に問い、森はそれに応える。人と森との交渉が描かれた一作です。

人は森から木や木の実を分けて貰い、畑を起こし、小屋を建てて少しずつ人は増えてゆきます。
時折森は、子供達や農具や収穫を隠してしまうけれど、人がお礼の粟餅を持ってゆくことで悪さをやめ、人と森は友達になっていくのです。

賢治作品の中でも、リズム感があって読みやすく、がやがやとした雰囲気が楽しいこの一作。ちょっと懐かしいような、ほっとするような、それでいてどこかもの悲しい気もする読後感があります。『森との共生』が課題をなっている昨今、大人にも子供にも読んでもらいたいな、と思える短編です。

2005年09月08日 (木) | 編集 |
comomoちゃんオススメ、前々から行ってみたかった布屋さん”わたぼうし”に彼女に連れて行ってもらいました~(^^)/ いつもありがと~ね。感謝多謝♪

さてこのお店、地元では結構有名らしく~私は彼女に教えてもらうまで知りませんでしたが~それはもう、扱っている布の量が凄いんです。
私もcomomoちゃんから”あそこに行けば探している布や糸がきっとあるって感じ”と聞いてたんですが、いや~もうホントに、ネットや本でみたことのある、あの布がこの布が、あ~コレもあるし、色違いでこんなのもあったのね~(=▽=)と、ただただ感動…というより、むしろ吃驚!?

お店自体は、むかぁ~~~しからある手芸屋さんって感じで、ディスプレイというよりはただただひたすら”布の山” 通路も一人がやっと通れる広さしかありません。店自体が迷路のよう(^^;)積み上げてある量もはんぱじゃないので、布の山の向こう側に何があるか歩いて行ってみないとわからない…。そして布の種類がありすぎて、アレも欲しいしコレも欲しいし…で今度は選べないんですよ(^^;)

結局今日は、生成のシーチング(今日の第一目的!)と、無地っぽく使えそうなカントリーティストの布2枚を購入しました。また今度ゆっくり行こうvええきっと、半日いても飽きないと思います、このお店は。

そしてその後は、またまた次の布&雑貨屋さん”red beans”へ。ここでは、以前来た時にチェックしていた小花模様のコットンと、リネンのカットクロスを。勿論”わたぼうし”にも、リネンはたくさんあったんですけど、”わたぼうし”ではリネンは基本的に計り売りらしく。キッチンクロス用にちょっとだけ欲しかったんですよね(笑)

その後更にTOKAIへ行って、取り寄せてもらっていたパッチワーク用ミニアイロンを引き取り&接着芯を購入(今日の第二目的!)しました。

とはいえ、今日の第三目的であった”黄色系のパッチワーク用クロス”で気に入ったものがなかったので、ちょっと残念。またゆっくり探すことにしますわ。それにようやく、自分の好みがわかって来たし(笑)

帰宅後は早速買ってきたばかりの布を水さらし&アイロンがけ。さあ、パッチ用のミニアイロンも買ったことだし、頑張って作るぞ~(^^)/

2005年09月08日 (木) | 編集 |
台風一過の秋晴れでしたね。

sora002.jpg

当地はさしたる被害もなく済みましたが、皆様のお住まいのあたりは大丈夫だったでしょうか?

ともあれ折角晴れたからには、またもせっせと干し野菜作りです!
今日は椎茸とサツマイモにチャレンジ。

himono004.jpg

椎茸は干すことで旨味が増します。干した場合は戻して使いますが、冷凍した場合は解凍せずに使うのがポイントだそうです。

そしてサツマイモ。こちらは茹でてから干すことにしました。いえ…干し芋ってそのまま食べると思うので…さすがにナマを干した場合、その後どう調理すればいいかわかんなかったんです(^^)Da方の母に相談したところ、やっぱり茹でてから干すんじゃないか…と言われたことだし。正しい干し芋の作り方をご存じの方、ぜひTBなりコメントなり教えてくださいませ。

さてさて干すまでは良い天気だったんですが、その後は快晴とはいえない天気で、夕方取り込んだ時はまだまだ生乾きの感じ。この様子じゃ、完全乾燥まで3日くらい~もっと~かかるかしら?とりあえず明日も干そうと思います(^^)

2005年09月05日 (月) | 編集 |
9月は私にとって『宮沢賢治』月間です。

読書の秋のはじまりの月だから。
二百十日の風の日に、風の又三郎がやってくる月だから。
9/21が賢治の命日だから。

いくつかの理由らしきものが重なって、とにかく今月は『宮沢賢治』の月。
置き場がないので普段は実家においてある、宮沢賢治全集を持ってきて、せっせと読みふけるのが、ここ数年の習慣になっています。

そんな訳で今月は、私の好きな宮沢賢治作品について順次書いてゆきたいと思います。


『風野又三郎』
 風野又三郎は、赤毛の子供です。変てこな鼠色のマントを着て、綺麗な透き通った沓を履いています。9月1日の朝、谷川の小さな学校にやってきた子供は、風の精そのものなのでした。一郎たち子供達に、又三郎は自分達『風』の旅の物語を語りはじめます。上海や東京を通り、風ならではの悪戯をして、赤道から北極まで地球規模の大循環を繰り返す風。子供達の心に不思議な余韻を残したまま、220日に「さよなら」の言葉を残して又三郎は飛び去ってゆくのでした。

映画化もされた『風の又三郎』の、前身といえる作品『風野又三郎』こちらはかなりファンタジー色が強く、又三郎は風の精そのものとして登場します。又三郎は風そのものですので、人からみれば気分屋で我が儘。稲の穂を倒したりかまいたちを起こしたりという、人間にとっての”悪さ”することもあります。しかしながら又三郎が子供達に語る地球をまわる『旅』の話は、本当にいきいきとして魅力的です。私は『風の~』よりも、風そのものである『風野又三郎』の物語の方が好き。読み終えた後は、ぎらっと光る又三郎のガラスのマントが窓の外に見えるような気がします。

2005年09月04日 (日) | 編集 |
今日のupは、コースター2枚です。

patti004.jpg

パターンは”メイプルリーフ” 真っ赤な楓の葉。秋のイメージですね。

しかしながらこのパターン、私的にはツバメが飛んでるようにしか見えない……(^^;)
ちょっとずつ、いろんなパターンに挑戦してゆきたいです。

さて次は、通帳ケースだ(^^)表のパターンを”ファン”で作る予定なんですけど、うまくできるかな?

2005年09月03日 (土) | 編集 |
夕べも鍋でご飯を炊きましたv
yohkoさんからのアドバイス通り、蒸らす前にしゃもじでひっくり返すようにしたら、鍋へのこびりつきも少なくスムーズでした。

そして今日の夕ご飯は、豚バラかたまり肉から作った角煮風肉じゃが(^^)/
肉の表面を焼くところから、下ゆで、煮込みまで全部一つの鍋でできちゃっうのでやっぱり便利ですね~。思ったよりこびり付きや、焦げもなかったし。何より保温力がすごいので、余熱で柔らかくできちゃう。角煮もとっても柔らかくできたので、満足ですv明日は今日の煮汁の残りで、キンピラでも作ろうかな? …今日のうちに作ってしまえばイイのはわかってるんですけど、今日はもう眠くてダメ(--;)

そうそう、今日Daの実家に寄ったら、牛蒡とサツマイモをくれたので、明日晴れたら干し牛蒡と干しイモに挑戦しようと思いますv干しなすびも美味しいらしいですね。やっぱり近いウチに干し網買おうかしら?

2005年09月01日 (木) | 編集 |
九月です。
今日は二百十日、ですね。……多分(^^;)

谷川に立つ小さな小学校に、風の又三郎がやってきた日。
各地で風鎮めの祭が催される日。
八尾の『おわら風の盆』が有名です。
2回ほど見に行ったことがありますが、そりゃーもう観光客がいっぱいで町流しを見る余裕もあまりなく(汗)本来のお祭はもっと情緒あるものでしょうに。少しは改善されたのかな?

まだまだ残暑を感じますが、風は確かに涼しくなっているよう。
とりあえず、ブログもちょとだけ秋っぽく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。