スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年11月29日 (火) | 編集 |
収穫しました、ブロッコリー(…というかカリフラワー?)

yasai022.jpg

苗を植え付けたのが9/23だったから2ヶ月とちょっと。約70日目の収穫です。苗に添えられていた説明書きによると、60~90日で収穫できる、とあったのでほぼそんな感じですね。……ま、その説明書きによるとこれは”ブロッコリー”なんですけどね(^^;)

ともあれまずは、一番大きなのを一個収穫。葉付きのままばっさり切ったところ、その重みにびっくり。まあ、葉っぱの重さのせいかと思いますが、実の重さを量ってみたところ、130gありました。

yasai023.jpg

普通サイズみかんと比べるとこんな感じです。
切ってみると、うっすら紫がかっているんですよね~?これは何?何故なの?あんまりカリフラワー食べないからわからないんだけど…。それともやっぱりこれは、ブロッコリーなの?実のつまり方みると、やっぱりカリフラワーにみえるんだけど……?

やっぱり???マーク並べたまま、収穫第1号はカレーの具となりましたv
そして肝心の味の方は……。カレーの風味が強すぎてよくわかんなかったです(^^;)
スポンサーサイト


2005年11月26日 (土) | 編集 |
『ハリーポッターと炎のゴブレット』始まりましたね~。
観に行きたいな~(^v^) あの上下2冊組の長い話をどうやってまとめたんだろう?映像的にも派手な話だと思うので、その点も楽しみですv

『ハリーポッターと炎のゴブレット』は買って読んだのですが、厚みに耐えかねて~置き場もなく~『不死鳥の騎士団』発売直後に売っちゃったんですよね。携帯版が出たら買い直そうと思ってます(笑)映画化もされたことだし、そろそろ携帯版が出て欲しいものです。実は『賢者の石』も持ってないんですよね。図書館で借りたから。
そしてまだ日本語版が出版されていない6作目『混血のプリンス』さっきAMAZONでみたらUK版がいつの間にか値下がりしてたので買ってしまおうかしら…とウズウズ。どうせ買うならUS版じゃなくってUK版よね~と思っていたことだし。読めるかどうかは別問題として(--;)

Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)
Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)
J.K. Rowling

話かわって、今朝何気なく新聞のTV欄を観たら、今晩7:30~8:45NHKの土曜特集であの「ターシャ・テューダー四季の庭」が再放送されるじゃないですか!観るわ!ありがとう、NHK!どうせなら短縮版じゃなくって、BSで放送したフルサイズで放送して欲しいところだけど。更に言うなら、DVD発売して欲しいんですけどっ!とりあえず、今日の一番の楽しみですv

NHK…といえば、私去年NHK教育で放送していた海外ドラマの「ヤングスーパーマン」が好きで(^^;)シーズン1のいい処で終了してしまって、続きを早く放送しろ~~っっ!と泣いていたんですが、この度めでたくAXNでシーズン2を放送決定(^^)/ やったっ。カレンダーに放送開始日と時間、印点けちゃいましたよ。←そうしないと、忘れるから。点けてても忘れそうだけど(^^;)楽しみ~~~~vアメリカでは既にシーズン5まで放送されているそうで、日本でも順次放送して欲しいなぁ。

『ヤングスーパーマン』はAXNで12/6(火) pm10:55 スタートですv
 再放送スケジュール 
12/07(水) am10:55 、12/11(日) pm01:00 、12/11( 日) am02:00
CSって、再放送が多いのは嬉しいんですが、油断してすぐ観損ねちゃうんですよね……。自分の為に、スケジュール書いておきますわ(^^)

2005年11月25日 (金) | 編集 |
先日リニューアルオープンしたドラッグストアに買い物に行ったら、今日がリニュ後初のポイント3倍dayだったせいか、それはもうもの凄い混雑ぶりでした。駐車スペース探して駐車場ウロウロ。まあ、私も3倍day狙いだったんですが(^^;)皆考えることは同じなのね。

さて、そろそろ11月もあと少し。12月というか年末大掃除をやりなさい、とばかりにドラッグストアやホームセンターでは、掃除用品特設コーナーが設けられていますよね。見ると大掃除をしなきゃならないような気持ちになるので、出来るだけそういったコーナーはみないようにしています(^^;)

ともあれ、年末の大掃除の時期は、持ち物を見直すいいチャンス。個人的には、12月に購入予定の本がかなりあるので^^;至急本棚&押入の箱の中を見直さなきゃならないんですが、(←年末の大掃除関係ないじゃん・笑)本やCD、DVDなどはだいたい、eBOOKOFFのらくらく買取サービスを利用しています。30冊以上で自宅まで取りに来てくれるし、最新作などは一冊からポストに投函するだけでOK!だったりするので、楽なのですv 30冊以下の場合で至急なんとかしたい場合は、地元実店舗に持ち込んだりする訳ですが、査定待ちの場合についつい他の本を買っちゃったりするので、ある意味危険(笑)

本以外は、リサイクルできるものはリサイクルできるように。また近所のリサイクルショップに持ち込んだりしています。

でもね。こんな方法もあるんです。
国際協力NGOセンター(JANIC)寄付サイト・物資での寄付

書き損じはがきや未使用切手は勿論、使用済み切手や使用済みテレカ。ディズニーランドの使用済みパスポートや入場券も、集めておられる団体があります。この他、外国紙幣やコイン、学用品や使用済みランドセル、着物などなど…。いろんな物、意外な物も支援対象になります。勿論、本やCDやもう遊ばなくなったゲームソフトだって。

上のリンク先で、いろんな団体を紹介されていますので、もし心にとまるものがあったなら、大掃除のついでに出てきたいろいろ、送ることを考えてみませんか。

なお、こちらでも書き損じ葉書・使用済みディズニーパスポート等、募集されています。

ハンガー・フリー・ワールド

『書損じハガキ回収キャンペーン』


2005年11月23日 (水) | 編集 |
キッチンやその他の掃除に~勿論料理にも~重曹を使い始めて、そろそろ一年になります。重曹を使うようになって良かったなぁ(^^)と思うことはいくつかありますが、私的に一番嬉しいのは手荒れが減ったこと。同時に合成洗剤を止め、いわゆる石鹸に切り替えたこともあるのでしょうが、一時期手放せなかった塗り薬も、今ごくたまに使う程度ですむようになりました。

さて、普段私はこのような容器に重曹を小分けして使っています。

jyuuso001.jpg

手前の塩などいれる容器に入れたものは、キッチン用。酢水を入れたスプレーと並べて使ってます。調理中のまな板洗いや、フライパン、皿など洗う用に。挽肉やブロック肉など扱った時の手のべたべたにも、さっと振りかけて洗えば油分を分解してくれてすっきり。魚を扱った時は酢水の方が、生臭さがとれるようです。重曹も酢水もどちらも元々食品なので、食材を並べた横のシンクで使っても安心よね~と思います。

右奥の容器は一度にたくさん使うような時に。排水溝掃除とか風呂掃除用です。こちらは香りが欲しい場所で使うことも多いので、ラベンダーや柑橘系のエッセンスを数滴加えています。掃除中にもふわりと香るのでいい感じ~vドレッシング用の容器を使ってます(^^)

左奥は料理用。計量スプーンを入れて使えるように口径の広いもので。湿気ないように蓋がきちんとしまるもので。

この他500mlペットボトルの容器に重曹を入れて洗濯機の横にも置いてます。洗剤量を1/3程減らしてその分重曹を加えるんです。汗の臭いとかすっきり消してくれるような気がします(^^)

そんな訳で、洗濯や風呂掃除などにも重曹を使うようになると、結構大量消費することになります。まあ、その分他の合成洗剤類を使ってないんですけどね。

これまで3メーカーほどの重曹を使ってみましたが、今のところ私の好みは、”モンゴル重曹”かな。

粒子が細かくて掃除向き…というのも使ってみましたけど、その分湿気るのが早くってよく固まってしまうのでイライラ(^^;)今使っているのは粒子が大きめのさらさら重曹~正式名わかりません・笑~なんですが、手などを洗う時ざらざらして今ひとつ。次はあの”【ARM & HAMMER】 ”を使ってみようと思ってますv

【ARM & HAMMER】も食用グレードですよね?基本的に食用グレードのものしか使っていません。料理にも使うから。あ~、ストーブも出したことだし、またじゃがいも重曹入れて茹でようかな?

2005年11月20日 (日) | 編集 |
最近晴れの日が少ないので、ちょっとした晴れ間をみつけてせっせと干しています。

himono008.jpg

自家製切り干し大根♪
少し前までは2日干せば乾燥したのですが、今回は3日目でもちょっと生っぽいものありました。そろそろ干し芋作りもリベンジしたいなぁ。

夏場にチャレンジして失敗しちゃった干し芋作り。
リベンジにむけて要点をまとめてみますと。

1.干す前に、芋は十分柔らかくなるまで、蒸すか茹でるかしておく。
2.皮をむくなら芋が熱いうちに。芋が冷めてから、0.5~1㎝の厚みに切る。
3.切った芋をザルや籠に並べて干す。干しあがりまでは7~10日ほど。
 天日にあてすぎると硬くなるので、柔らかめが好みの場合は陰干しで。
4.干し芋向きの品種があるらしいです。

こんな感じでしょうかね?
うーん、問題は干し芋作りにむいているとされる12月~1月、地域的に晴天が一週間も続くことなんて、まずないってことですかね~(^^;)

ところで、最近マイブームな切り干し大根の食し方v
雑炊に入れます(^^)/ 
土鍋に冷やご飯と、大根の葉やカブの葉を刻んだものと、切り干し大根をひとつかみ入れて煮ます。味付けは、塩と本だし、あと好みで豆板醤。
切り干し大根の甘みと食感が、雑炊のアクセントになって、はまり中です~♪みそ汁に入れたりもします。予め切ってあるので、急いで作りたい時には便利です。お試しあれ~v


おまけ。
大きくなってきた”白いブロッコリー”
yasai021.jpg
ブロッコリーとカリフラワーの見分け方…というのも今日教えてもらったんですが…。どっちだろう、これは?やっぱりよくわかんないです(^^;)


2005年11月19日 (土) | 編集 |
あちこちで、クリスマスアイテムをみかけるようになりました。
ちょっと早いかな?とも思ったけど、ブログもクリスマス仕様ですv

さて、例のクリスマス・タペ。ポケット部分のキルティングとバイアスは終了~♪

patti011.jpg

あとは本体(?)のキルティングして、バイアスでくるんで、ぽけっとをとりつけて……。う、やっぱり少し焦った方がいいかも?

左上のちっちゃなハートは、ピンクッション第二段ですv真っ赤なハートにしたら、ちょっぴりキュートな感じになりました。たくさん作ってツリーやタペに飾ってもいいかもv スノーマンやスターも作りたいな(^^)

この時期~終わりがなんとなく見え始めた時期~は、一番浮気心が発生しやすいのですよ(*^^*)次は何を作ろうか、考えるのが楽しいですv


2005年11月17日 (木) | 編集 |
朝起きて、昇る太陽を窓から眺めた時、今日はチューリップを植えよう!と思ったのですよ。だって今日を逃したら、この先天気も悪そうだしどんどん寒くなって、寒さに震えながら植え付けて、結局風邪をひいて寝込んだ…という何年か前の体験を繰り返す羽目になりそうだったから(^^)

hana029.jpg

買っておいた球根達。入れてあるホーロー容器は、先日の雑貨屋さんツアーで購入したものですv”ほうろうのある暮らし”で観て以来一目惚れして、あちこち探していたのですが、偶然入ったお店で発見!展示品・現物のみ~しかもディスプレイ用の入れ物になっていた~を無理矢理ゲットしました(笑) ”そら豆”と呼んでいます。 ……comomoちゃんには「………それって、膿盆……」と呟かれましたけどね(^^;)

ともあれ、チューリップです。今年はどれだけぎっしり詰めて植えられるか、が目標。こんな感じになりました。

hana030.jpg

全部で19個。半端な数字なのは、20個買ったうちの、一個がどうにも傷んでいたから。思ったよりぎっしりじゃあなかったなあ…。25個にすれば良かったかな?
最後に上から土をかけて、たっぷり水をかけて完成です。

ちなみに球根に限らず、苗を植える時は植え付けた後よりも、植える前の土にあらかじめたっぷり水をあげておくのがポイントだそうですよ。
さあ、来春が楽しみです(^^)/

2005年11月15日 (火) | 編集 |
実は先日ななめがけバッグを作っていた時に、針山を壊してしまっていたのです。

パッチ用の短い針が潜り込んでしまって、どうしても取り出せず、そのままにしておくのもイヤだったので、針山を覆っている表布を切り、分解してなんとか針は救出。で、時間もなかったので、針山は布が切れたまま~♪

いい機会だからと、針山作ってみました。

patti010.jpg

布は貯めてあった端切れからチョイス。裏側の布もパッチして、中に詰める綿はやはり貯めてあった、細々としたキルト綿の端切れを利用♪

大したものでもないですが、端切れ達を再利用できて、満足なのでした♪
あ、布が切れたままの針山も、パッチして利用しようと思っていますv前々から、まち針用と針用に分けたかったんですよね~。

2005年11月14日 (月) | 編集 |
一雨ごとに寒さがやってくる感じですね。ついに我が家もストーブ登場。まだ点けてはいないですけど。ストーブはともかく、3階まで20L灯油入りのポリタンクを運びあげるのがそりゃーもう、しんどかったです(--;)もうやらん…。今後はDaに運ばせよう。

さて先日の雑貨屋さんツアーで、つい購入しちゃったクリスマス小物ですv
少し早いかな~とも思ったけど、せっかくだから飾ってみました。



北欧雑貨のお店で買ったので、北欧雑貨なのかな?パッケージは英語でしたけど(笑)北欧雑貨は木のぬくもりが好きです。明るく陽気な色使いも結構好き♪

そしてもともとのムーミン好きも手伝って、アラビア社のムーミンマグを集めたくなっている今日この頃。買うならまず、ミィとスナフキンかな?



そうそう、ミィとスナフキンは親戚らしいですよ?『ムーミンパパの思いで』より。

2005年11月11日 (金) | 編集 |
すくすく成長のブロッコリー達。やっぱりプランターじゃ小さかったわねー。と呟きながら今朝も水やりしておりました。

ここ数日、青虫チェックをしていたなかったせいで、ふと観ると葉っぱのあちこちに新たな虫食いの跡がっ!(T^T)

きゃー(>o<)となりまして慌てて葉っぱをめくってみれば、いつしか大きく成長していた青虫たち数匹。慌てて6株全部、葉っぱをチェックチェック。
その時ふと気づいたんです。6株中、一番しっかりと茎も太く成長していた株の中心に、ブロッコリーらしい固まりのあることに。

が、しかし。

白いんです。実…というか中心の部分が。こんな感じ。

yasai020.jpg

カ、カリフラワー……???

ブロッコリーって最初白くって、柿が色づくようにあとから緑になる…とかないですよね?アスパラみたいに茎がたくさんに分かれるブロッコリーもあることは知ってるんですが、白いのもあるのかしら?

出勤前のDaにみせても「カリフラワーにみえる」雑貨屋さんツアーの帰りに寄ったcomomoちゃんとK嬢にも観てもらったけど「カリフラワーじゃないの?」と口を揃えられ…。_| ̄|○

一株だけカリフラワーの苗が混じっていたのかしら。たしかにこの株だけ、生育が他と違って早いんだけど…。他の株はまだ実(?)の形もないんだけど……。

ちょっと調べてみようと思います。カリフラワーよりブロッコリーの方が好きなんだけどなぁ……。語感が。←語感がかい!(笑)

2005年11月10日 (木) | 編集 |
先日購入した布達を使って、小さなななめがけバッグを作ってみました(^^)/

bag005.jpg

そういや、こうゆうタイプのバッグって、持ってなかったんですよね~。コーデュロイの生地を使った秋冬向きバッグです♪ ひもの部分は接着芯を入れました。ミシンが進むかどうか心配だったけど、なんとかなりましたわ。
でもひもをバッグに縫いつけるのが一苦労でした(--;)

大きさは、財布と携帯がぴったり入るサイズ。……というか、ぴったりすぎて他にはミニタオルくらいしか入らないかも。もうちょっと大きめにすればよかった(^^;) まだ生地はたっぷりあるので、ゆったりめのバッグも作る予定です。

さて、明日は早速このバッグ持って、お出かけです♪雑貨屋さんツアーしてきまーすv

2005年11月09日 (水) | 編集 |
クリスマス・タペストリーにつけるブーツとハウスのキルティングが終了したので、今日はそれらの縁をくるむための、バイアステープ作りです。

バイアステープメーカーを使うようになってから、テープ作りが楽しくなりました♪

とりあえず18mmのサイズのみ持っているのですが、厚めのキルティングをすることが多いので、もう1サイズ上のも買おうかな?って思っています。このシリーズだと25mmになるのかな?

とはいえ、バイアステープ作り。輪っかに縫ってから切るという作り方が今ひとつ苦手な私…。全部切ったあとで、一本一本手縫いでつなげていたり…(^^;)

patti009.jpg


2005年11月06日 (日) | 編集 |
今日のメニューは予告(笑)通り、自家製アンチョビのパスタでした~♪

我が家でパスタ料理は、Daの担当とほぼ決まっているので~というより、Daはパスタ以外作ろうとしない~今日もDaが担当♪

eat019.jpg

美味しかったです(*^^*)/
昨日の味見の時は、ちょっと塩味が足りないかも…?だったアンチョビですが、パスタとあわさると絶妙な塩加減に。味も魚のまろやかな甘みとトマトの酸味がベストマッチでした。うーん、我が家の定番メニュー(というより、Daのレパートリー)が一つ増えましたよvきっかけとなった、自家製アンチョビの作り方を教えてくださったmineさんに感謝♪なのですv

というワケで、アンチョビパスタの簡単レシピ。

材料..2人前
 トマト.1個、アンチョビ.適当(笑)、きのこ類.好みで。
 塩、オリーブオイル、ニンニク.2かけ、鷹の爪.一本程度このみで。

1.パスタを時間通りにゆでる。ゆで汁に加える塩はやや少な目に。
2.トマトはみじん切り、アンチョビは手で軽くほぐす、きのこは食べやすい大きさに。
3.フライパンにオリーブを熱し、スライスしたニンニク、鷹の爪を加え焦げないように炒める。
4.きのこ、トマト、アンチョビの順にフライパンに加え、ゆで汁をお玉半分ほど加えて煮汁としざっと炒める。アンチョビはあまり火を通さない方が美味しい。味をみて、塩が足りないようなら少しだけ加える。
5.ゆであがったパスタを4とあえてできあがり♪

今回はトマトソース系でしたが、手持ちのパスタの本をみたら、”アンチョビと菜の花のパスタ”というのが紹介されていましたv春を感じながら作ってみたいメニューですね♪

アンチョビもイワシだけではなく、アジとかで作っても美味しそう♪そういえば、大好きなパスタ屋さんのメニューにも、アジとトマトのパスタがありましたっけ。これが本当に美味しいんですよv

2005年11月05日 (土) | 編集 |
こたつ、出しました♪

kotatu001.jpg


結婚以来、部屋の狭さ~6畳~に使わずにいたのですが、今年は灯油高だし…と、そんな理由でこたつ設置(^^)

まだ電気は入れてませんし、ことつ布団はなくって、こたつカバーと薄い内掛けの2枚だけですが、足突っ込んでるとこれが幸せに暖かいのです♪

さあ、これで今年はこたつでみかん♪ライフが出来ます。日本の冬はやっぱ、こたつですよー。久々のこたつ生活にちょっと浮かれ気味です(^^)

こたつといえば、母方の実家が昔練炭のこたつを使っていまして。電気こたつしかしらなかった私といとこは、こたつの温度を下げるべく、ひたすら調整つまみを探し回り、電気コンセントもないのに熱くなるこたつが、そりゃーもう不思議だったりしたのでしたわ、子供時代。

本日の紅茶。ルピシアの今年の新作クリスマス紅茶『ジングルベル』。
tea005.jpg

すっきりとしたヨーグルトと柑橘系の香り…って、店頭のテイスティングの香りを嗅いだ時、どこか知ってるような……?と思ったんですよね。ええ、ちょっとお話したお店の方もそう思ってらしたそうで。

そう、ずばり「チェルシー・ヨーグルト味」の香り(^^) 

実際に煎れてみたら、まさしく「チェルシー・ヨーグルト味」の香りと味でした~~♪ 美味しかったので今度買いだめしてこよっと。チェルシー・ヨーグルト味は大好きです♪ちょっとだけミルクを落として飲むのがオススメ、かな?

2005年11月04日 (金) | 編集 |
来た来た、来ましたよ。
予約注文していたターシャ・テューダーの本最新刊「ターシャの家」が!

ターシャの家 ターシャの家
ターシャ・テューダー (2005/11/04)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る



ターシャさん自身が「今まで住んだなかで、『いちばん、いい家』」と断言する、バーモンド州の山奥18世紀の農家風の家の、写真集です。

コーギコテージへとつながる門から始まるこの本は、”いつもいる部屋””キッチン””パントリー”へと続き、”リビング””アトリエ””ポーチ””ガーデン””納屋”と、実際にターシャさんの家を歩き回るような流れで紹介されていきます。写真はすべて撮り下ろし、ひとつひとつにターシャさんのコメントがついていて、思い入れのある道具達に対し「これは何処何処で買ったアンティーク」とか「これはアンティークではないの」などと書いてあったりするのが、飾らないターシャさんの人柄がにじみ出ている気がします。

キッチンの道具や納屋で使われている道具達にも、その使い込まれた美しさに感動したのですが、中でも私がみとれてしまったのは、ターシャさんが長男セス氏十代の時に作ったという麻のシャツ。亜麻を育てることから始め、繊維を紡いで糸を作り、それを織機で布にして、それからやっと、ようやく縫うことが出来るんです。そうして何年がかりで作られたシャツが、数十年経た今も、シャツとしてそのまま残っているということ。うまくはいえないのですが、物を作り使うという行為の原点をみたような気がして、ただたた見とれてしまいました。

そしてもう一つは、ターシャさん手作りのコーギー犬のぬいぐるみ。
ふわふわ…というよりぼあぼあの毛糸と、艶やかなボタンの目を持つ彼は、ターシャさんの膝に抱かれて本当に生きているよう。このぬいぐるみを車に乗せていたところ「締め切った車に犬を置き去りにして!」とある婦人からお叱りがあった…というエピソードもあり得るよねぇ…と頷けます。

ターシャさんが作るぬいぐるみが、これ程リアルで生き生きとしているのは、ターシャさんが本当に彼らを愛し慈しんでいるからなのでしょうね。

決して派手な写真集ではなく、むしろ…道具類や納屋などは地味…なのでしょうが、古いアメリカンカントリー好き、雑貨好きな方、もしくはアーミッシュ風生活に興味がある方には、たまらない一冊だと思います。

今まで読んだターシャさんの本の中で、これが一番好きかもしれません。買って良かった、そう思える一冊でしたv


2005年11月04日 (金) | 編集 |
今日の夕ご飯は、当ブログによくコメントくださっているmineさんオススメレシピ、ニラ炒飯です♪

詳しいレシピは、↑のmineさんのブログで確認していただくとして(^^)ニラとニンニク、そして唐辛子入りの炒飯はとっても元気になれそうな一品。ナンプラーがなかったので、醤油で味付けしました♪風邪のひきかけなどに食したら、風邪なんか吹き飛びますねv 右上の一品は、ラム肉の炒め物。レモンをかけて食べます。Daは醤油と芥子で食べてましたけど(^^;)あ~本場のジンギスカンが食べたいわ(^^)

eat016.jpg

そしてもう一品、こちらは保存食です。やはりmineさんから教わった”自家製アンチョビ”
前から作ってみたくて仕方なかった一品なのですが、なかなか手頃なイワシが売っておらず…。今日ようやく新鮮で大きさも手頃なウルメイワシがあったので、わくわくしながら作ってみました。

eat017.jpg

3枚におろして、塩して竹ざるで水気を切っているところ。魚の水気を切るにはやっぱり竹ざるが一番手頃ですよね。

この後キッチンペーパーで、よく水気をふき取り、容器に一枚づつ並べます。並べた上から塩をふり、その上にまた魚を並べ塩をふる…を繰り返します。

eat018.jpg

とりあえずこんな感じ。一晩寝かせてから、魚からでた余分な水分を捨て、魚がひたるくらいのオリーブオイルとローリエを入れて保存します。やはり詳しいレシピは、mineさんのブログでご確認くださいな(笑)

右上にうつっているのは、鮭のセヴィーチ。鱈や鯖、スズキなどでも作れます。作っておくと、次の日の夕飯…別に夕飯でなくてもいいんです…が楽です。

1.食べやすい大きさに切った魚~切り身が便利・笑~を容器に並べ、マリネ液で5~6時間つけ込む。私はタマネギやピーマン等の野菜も一緒に漬け込んでしまいます。
2.フライパンで両面を焼いて食べます。野菜も一緒に焼いてしまうと付け合わせが一度に出来て楽(^^) オーブンで焼くか、グリルしてもOK!

※マリネ液
 我が家の基本は、酢とオリーブオイルと水が1:1:1
 これだとたぶん酸っぱいと思うので、好みで酢の量を調整してください。
 ワインビネガーやレモンを使っても美味しいです。
 胡椒、パセリ、チリパウダー、ローリエなど好きなハーブをたっぷり加えましょう♪醤油やアンチョビ等をちょっぴり隠し味に使っても◎

2005年11月02日 (水) | 編集 |
行きつけのトーカイが、リニューアルオープンの為の閉店セールをやる…とのことだったので、行ってきました。オール2割引から、5割引のものまでいろいろ。結局目的だったキルトフープは欲しかったサイズが売り切れてたので買わずじまいでしたが、前から迷っていたカットクロスを3枚とキルティング用の糸(茶)を購入しました♪ そして、ここのトーカイに行くなら当然(笑)ハシゴしましたよ。”わたぼうし”と”RED BEANS”も♪

RED BEANS”は、私が行くと何故かいつも駐車場が満車なのです。結局向かいの別のお店の駐車場に…(ごめんなさい)

ともあれ目的は、HPで観て欲しかったコーデュロイのセット♪そして同じくHPではsold outになっていた綿麻setも一個だけ店頭にでていたのをゲットしました♪これは欲しかったので嬉しいです(^^)

そして”わたぼうし”でも一目惚れしちゃった生地を買っちゃいまして~。

あー、来週はcomomoちゃんとK嬢とで、ドライブがてら雑貨屋さんツアーを予定しているとゆうのに(笑)布と本だけは計画して買うことがあまりできませんわ(^^;)

nuno003.jpg

そして肝心の、キルティングフープ。色々検索した結果、ここで買おうかなぁ…と思ってます(^^)/

手芸専門オンラインショップ【クラフトマックス】


2100円以上で送料が無料になるんですよねvフープも3メーカーから選べるし。ねじ式でなくってマジックテープでとめるタイプ…ってどうだろう?使いやすそうな気がするんだけど、マジックテープってどれくらいで駄目になるものかしら?カットクロスもいろいろあるので、また買ってしまいそうで怖いです(笑)

2005年11月02日 (水) | 編集 |
朝採りの自家製ラディッシュ達。
ベランダに置いた小さな鉢でも、ちゃんと育ってくれました。
そう思うとちっちゃくっても、なんか愛おしいのです。

yasai019.jpg

2005年11月01日 (火) | 編集 |
11月ですね。朝夕の冷え込みにも晩秋を感じるようになってきました。

畳の上に座って暮らす我が家では、冬の間こたつ敷を敷きます。毎年11/3にこたつ敷をひっぱり出すのが恒例なのですが~そしてだいたい5/3にしまう~、今朝方の冷え込みが厳しかったので、もう出しちゃえ!と引っ張りだしてきました。ついでにシーツも冬用に変えて、座布団も冬用の大きくて厚めのものに。

こうして少しずつ、部屋が冬仕様になってゆくと、料理も鍋やおでんやシチューなどなど、あったかいメニューが多くなりますよねv ウチの今日の晩ご飯はシチューでした。

ブリコの鍋に、じゃがいも、ニンジン、タマネギにサヤインゲンとニンニク、そして塩豚をスライスしたものをいれて、コトコト煮込んだシチューv
塩豚は豚バラブロックに塩を刷り込んだだけの簡単保存食ですが、余分な水分がぬけて熟成されるので作っておくと、とっても便利です。ラーメンに入れてもよいし、細かく刻んでチャーハンや炒め物に、スライスして焼いてベーコンがわりにもなります。

さて、鍋モノを作るとき、最近心がけていること、それは保温調理&余熱調理♪

たとえばゆで卵。水から茹でて、沸騰してから更に十数分火にかける…なんてことはしません。沸騰したら火をとめちゃいます。鍋に卵を入れたまま、お湯が冷めるまで放っておきます。鍋に手を入れても大丈夫なくらい冷めてから卵を取り出して殻をむくと、これでちゃんと固ゆで卵が出来てるんです。これが余熱調理。

他にもフライパンでホットケーキを焼く時など、片面焼いてひっくり返したら火を止め、後は余熱で。炒め物なんかも、火を止めてすぐ皿に盛りつけるのではなく、あらかじめ余熱を利用することを計算して早めに火は止めてしまいます。これが結構使えるんですよ。

そして保温調理。実は実家の母がコレにはまっていて、どこぞで発砲スチロールの箱を貰ってきて、その中で保温しているんですが、これが煮物によく味が染み込む上、加熱時間も短くてすむから、ガス代の節約にもなるという調理法。

やり方は、上で書いたゆで卵の作り方と同様、鍋の中身が沸騰したら火を止め、鍋の温度が下がらないように、保温してあげるだけ。
保温料理鍋という、二重構造の専用鍋も幾種類も発売されているようですが、手持ちの鍋を使うならば、

1.鍋がすっぽり入るような大きめの発砲スチロールを用意。その中に入れる。
2.厚めの鍋敷き、厚手のタオルなどを敷き、バスタオルや毛布など厚めの布で鍋をくるむ。新聞紙などを重ねてくるむだけでもOK!

キッチンの狭い我が家では、2の方法をとっています。だって、鍋が入るような大きさの発砲スチロール、置く場所なんてないんだもん(^^;)
たかがバスタオル、けれどこれがかなり保温力がありまして、今日昼前に作ったシチューの鍋、19時に食べる頃まだ鍋が充分温かいんです!軽く温めなおしてすぐ食卓へ。

保温されてゆっくり温度がさがる間に、じゃがいもやタマネギは煮くずれすることなく柔らかくなり、味も染みこみます。おでんを作るとよくわかるんですが、煮物に味が染みこむのって、煮えている時ではなく、温度が下がるとき…なんですよね。先日やっぱり保温調理でおでんを作ったんですが、この時も鍋に大根や練り物類を入れて一度沸騰させただけで、後はタオルでくるんで放っておいたところ、何時間も煮込んだ後のような、もしくは一晩置いたくらいに、煮くずれもなく味が染みこんでいました。豆など煮る時もこれは使えそうv これはやっぱりはまってしまいます♪ だって合理的で経済的なんですもの。

発砲スチロールを置く場所もないけど、バスタオルでくるむのもちょっと…な人には”ほっとクック”のような、鍋用の保温カバーも市販されてますよ(笑) そして私は、クリスマス・タぺの次に作るならコレかなぁ…と考え中(^^) ティコゼーを大きくした感じで作れそうな気がするんですよね。それまでは、暫しバスタオルで頑張りますわ♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。