スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月25日 (日) | 編集 |
ブログエントリーで植林を目指すグリムス、今年もハロウィンバージョンになっていました♪
グリムス 6本め はろうぃーん
6本めの苗木も数えてみると第9段階に進み、何やら怪しい樹形に(^^;) このごろは次の段階に進むまで5~6日かかっているようなので(最初の頃は3日ペースで成長)あと何日くらいで大人の木になるだろう?

そういえば省エネと長寿命がウリの電球形蛍光灯。リビングで使っているうちの1個が3年弱で切れちゃったんですけど…。365日×3年×6時間(一日平均)=6570時間。”2008年発売のもので寿命は6000 - 13000時間”だそうなので、なんか寿命なような、短いような?微妙な数字だわ(^^;)

yasai197.jpg
おまけ。家庭菜園で収穫したレタス達。こんもり、新鮮でーす。
スポンサーサイト


2009年10月24日 (土) | 編集 |
久しぶりの市民農園・スローライフフィールドの様子です(^^)/ まあこの時期はあまりやることもないし…とのんびり構えていたら、畝のあちこちに小さな雑草がわんさか生えまくっていました(--;) まるで種まきしたみたいでしたよ(--;)

ともあれ、今日はサツマイモ掘りです。本当は先週する予定だったんですが、家を出る直前に雨降って来ちゃったので。

slf034.jpg
残りの2畝、計10株の芋掘り。残念ながらネズミか烏に食われたような芋が2つもありましたが、大きいものから小さいものまで計32個の収穫です。
持ち運び用のたらいに全部を入れてみると溢れんばかりの量、そしてずっしりくる重さでした。
slf034c.jpg
ちなみに一番大きかった芋を測ってみると、820g。次に大きな芋は600gありましたよ(^^)/
さっそく夕飯にふかし芋にしてみたら、ほっくほく甘々でした(^^)

サツマイモの他に、ニンジンも22本ほど収穫。
slf034a.jpg
毎回思うのですが、胡麻粒ほどの小さな種からこんな立派なニンジンができるなんて、不思議。
slf034d.jpg
約19㎝、210g。

そして日当たりか、肥料か、あっという間に大きくなっていた茎ブロッコリー。
slf034b.jpg
思わず普通サイズのブロッコリーと間違えてしまいそうなサイズまで大きくなってました。慌てて中心を摘心摘果。だって茎ブロッコリーなんですもの、脇芽も育てなきゃー。

そうそう、7月末に種まきしたゴボウも、葉っぱが大きくなっていました。こんな葉っぱなんですねぇ。
slf034h.jpg
100日で収穫できるという40㎝くらいのゴボウなので、そろそろ良いかな?と試しに1本掘ってみました。

slf034e.jpg
うーん、太さはそれなりなんですが、長さは3寸ニンジンと同じ18㎝(--;) もうちょっと、かな。

2009年10月23日 (金) | 編集 |
旅行行ったり、やろうと思った日に雨だったり、体調崩してたり…で放置気味だった庭仕事。そろそろ球根植えたり、苗を定植したり…と本格的に秋の庭仕事をせねばなりません。

そんな訳でまずは剪定と草むしり…という訳で、午後から庭出てました(^^)
この時期は、暑くもなく寒くもなく本当に気持ちいいですねー。

harb087.jpg
こぼれ種から増えたナスタチュウム。ようやく開花v

harb087a.jpg
ダイヤーズカモミールもまだまだ元気。やっぱりハーブは放置気味でも強いなぁ、って思います(^^)
挿し木しておいたラベンダーやチェリーセージも無事根っこが出たようなので、鉢あげしましたよv

さて、夏中たくさん収穫したミニトマト・アイコと、シソの株を抜きました。
シソは種が採りたかったので…。シソの実も醤油漬けにすると美味しいそうなんですけど、いまいち収穫するタイミングがわからず。黒い種がみえるようになってからじゃダメだよねぇ?

ミニトマト・アイコは本当にたくさん収穫しました。
一応記録にある分だけでも数えてみたら、なんと1株から209個! この数字は凄い!
途中たびたび剪定した青いトマト分は入ってなくてこの数字。やっぱりミニトマトはお得だ。来年も植えようと思います。

そうそう、種まきして育苗していた玉葱苗。旅行行ってるうちに良い天気が続いたせいか、ダメになっちゃいました(00) 行く前にたっぷり水やりしていったんですが、帰ってみたら土がカラカラで…。でも同条件だった花苗達(ルピナスとかリムナンテスとか花菱草とかタチアオイとか)は元気だったんですけど。そういえばチャイブもダメになってたなぁ。うーんユリ科の苗は、種から育てるのは難しい……。残念ですが、諦めて市民農園用には苗を買います(^^;)

2009年10月22日 (木) | 編集 |
富山市池多の『ハーブファーム富夢創野(とむそうや)』さんへ行ってきました。 といっても、行ったのは9月、もう先月のことなのですが(^^;) ハーブファームの名前の通り、富夢創野さんは300種類以上のハーブを専門に育てている農園なのです。 最近よく色んなところで紹介されてますよねー。

tomo002.jpg tomo002a.jpg
こちらが苗売り場、育苗室も兼ねてらっしゃるのかな…? 中に入ると本当にいろんなハーブ苗がいっぱい!定番のものから珍しい苗まで所狭しと並べられていて、ハーブ好きとしては観ているだけでも楽しいです。

例えばカモミールは、定番のジャーマン、ローマンに加え、ダブルフラワー、ダイヤーズも白と黄色が揃っているという具合。いやー、ダイヤーズカモミールの白花なんて初めてみましたよ(^^) 黄色は染色に使われるハーブなのですけど、白花は何に使うのでしょうね?前から欲しかったエルダーと、エキナセアの白花もあって感激。そう、先日画像をupしたエキナセアとエルダーはこちらで購入したのです。その後もう一度行きまして、エルダーのゴールデンとダブルフラワーカモミールも購入。ふふふ、嬉しい♪

tomo002b.jpg
農園の一角にあるラベンダー畑。9月半ばの画像なので、今はちょっと様子が違っているかも。6月半ばから7月中まで、ラベンダーの摘み取り体験が出来るそうです。来年はぜひ、咲いている時期に行きたいですね。

tomo001.jpg tomo001c.jpg
道路を挟んで、カフェといろいろ体験教室もできる広いウッドデッキと第一駐車場があります。

tomo001a.jpg
カフェの中はこんな感じ。ハーブティなど飲める他、ハーブ小物もいろいろ扱っておられます。農園のラベンダーを使って作られたラベンダースティックが可愛かった♪

tomo001b.jpg
喫茶メニューは季節によって変わるかんじ。この日は地元産サツマイモを使ったスィートポテト。奥様の手作りだそうです。

実はこの日、ローズマリーリンス作りを体験してきたのですが、長くなったのでまた後日(^^)

2009年10月21日 (水) | 編集 |
北海道で出会った動物達、といえば、これらの動物達も忘れることは出来ません。

なんといっても、牛!と馬!です(^^)
animal04.jpg animal05.jpg
牛はいっぱい居ましたよ~。乳牛だけではなく、肉牛も多いのだとか。馬は道産子?馬が労働力だった時代は過ぎ、今は趣味で飼っている人が多いのだそうです。動物達がのんびり草をはみ、日光浴している姿は和みます(^^) ←まあ、実際牧場経営は大変な重労働ですし、動物達の出すメタンガスが地球温暖化に拍車をかけているとか、家畜飼料にまわす穀類栽培をやめて、人間用の食料を作れば世界の飢餓人口は随分減るとかいろいろ問題はあるのですがね(--;) 私自身あまり牛肉が好きではないこともあって、乳牛はいても良いけど、食肉牛は減っても良いのに…とはちょっぴり思います。

閑話休題。
ウトロの町内を流れる岩尾別川にて。
animal07.jpg
遡上するサケ。産卵シーズン中で、とってもたくさん居ました。場所によってはすぐ側を泳いでいて、そのまま手づかみで捕れるんじゃないか思うくらい。ちなみに港でサケを釣っても良いですが~釣り人たくさん居ました~川を遡上中のサケを捕ってはいけないそうです。

animal06.jpg
夜の動物ウォッチング中にみかけたエゾシカ。4才以上と思われるオスから子鹿を連れた親子鹿まで本当にたくさんの鹿を観ることが出来ました。他にもシマフクロウとキタキツネにも遭遇。キタキツネのとことこ歩く姿は本当に可愛いですね。シマフクロウの飛翔風景も迫力がありました。…が、写真にはぜんぜん撮れてませんでした(^^;)ので、せめてオホーツク流氷館に居たキタキツネの剥製を。↓
animal11.jpg

そうそう忘れてはいけないもう一匹。オシンコシンの滝の、名物猫「ノラ」ちゃん。
名物猫・のらちゃん
知ってる人は知っている、有名猫。何年か前にはテレビにも出たみたい。私も事前に聞いていたので本猫(笑)を実際に観た時は「おお、居た!」という感じでしたが(^^)

人間で言うともう80才くらいだそうで、この時もじーっとお昼寝中。何やら視力も弱っていて、殆ど見えてないとの話も聞きました。売店の人が病院に連れていったりしているそうで(売店裏には小屋もあるらしい)、厳密な野良ではないみたいですが。可愛かったです! 猫のお昼寝風景ほど、和むものはないよね。

2009年10月20日 (火) | 編集 |
知床五湖ではいろんな自然の営み、ひいては食物連鎖の構図をみることができました。

goko04b.jpg
屋久島でもみることが出来た、倒木更新。枯れて倒れた木の上にタネが落ち、新たに育っていく木々達。

goko04.jpg
裂けた木の割れ目に、小さな小さな芽。

雪虫
そうそう、いっぱい雪虫が飛んでいました。この小さな虫たちが飛び始めると、北海道には雪が降るそうです。

ヒグマの爪痕
木にくっきり残った、ヒグマの爪痕。小熊が木から降りた跡だそうです。

知床五湖
そしてエゾジカ。遊歩道のすぐ側でのんびりしてました。角がまだ小さいので若鹿ですね。

ただ前にも書きましたが、エゾジカが増えすぎて木々や知床固有の植物を食い荒らして、木々が枯れたり植生が乱れているそうです。

フレペの滝散策路にて
フレペの滝散策路で、草を食べる親子連れの鹿たち。クマザサの若芽やススキなど食べてしまい、アクのある反魂草だけが茂っていました。

2009年10月19日 (月) | 編集 |
まだまだ続きます。北海道、知床旅行レポ(^^)

10/12、この日は午後からネイチャーガイドさんのガイドのもと、知床五湖とフレペの滝を回りました。
goko00.jpg
知床五湖はその名の通り、順に一湖、二湖~と五湖まであるのすが、実際には湖ではなくそれぞれ一湖、二湖という名の”沼”なんだそうです(^^) この日は”ヒグマ出没中”の為、三湖から五湖は立ち入り禁止。

知床五湖
天気は快晴。クマザサの中を敷かれた遊歩道に沿って進みます。次第にトドマツやナナカマド、イタヤカエデ、ダケカンバなどの木々が。

goko02c.jpg
この辺りは全て溶岩台地なので、木々の根は厚さ数㎝の落葉堆肥の上に横に根を張るのだそうです。

知床五湖・一湖
一湖の眺め。静かな水面。フナらしき魚影も。

知床五湖・二湖
二湖の眺め。雪を被った知床連山が水面にもくっきりと映っています。

羅臼岳
右が知床最高峰の羅臼岳。数日前に初冠雪したそうです。

羅臼岳 
こちらはフレペの滝散策路から眺めた知床連山。紅葉との対比が最高に綺麗でした。

hurepe04.jpg
紅葉。緑と黄と紅の競演。北海道の紅葉は、赤よりも黄色がメインなのだそうです。

2009年10月18日 (日) | 編集 |
旅話が続いたので、たまにはエコの話題を。

うちの県では昨年4月にレジ袋が有料化されて以来、エコバッグを買い物に持っていくのは、ほぼ当たり前になって来ました。スーパー以外にもドラッグストアやクリーニング店なども有料化され、全県的にエゴバッグ、マイバッグ利用が染みついてきているので、それ以外の店舗・本屋や衣料店、全国チェーンのお店やコンビニなどでも『レジ袋は要りません』と言いやすくなって良かったと思います。

が、しかし。やっぱりまだまだ要らない包装が多い気がするのですよ。
ゴミ分別すると、とってもそう思います。紙ゴミやプラゴミが本当に多いったら。

簡易包装の商品や野菜の個別売りも増えてきているようですが、野菜を個別売りで~包装なしで~かごに入れてレジに持っていくと、殆どの確率でビニール袋に入れてくれます。豆腐やパックされた肉や魚も丁寧に入れてくれます。……要らないからビニールに入れずに持って来たんですけど・・・ レジ袋だけじゃなく、ビニール袋だって石油から作るのですから、これだって節約しましょうよ。 ついでにいうと、トレぺとか米袋とか袋に入りきらない商品に張ってくれるテープシール。”レジ通過をわかりやすくする為”はわかるんですけど、めいっぱい長々と貼るのも勿体ないよなぁ、と毎回思います。…私だけかな?

前にも書きましたが、うちの近所の洋菓子チェーン店。
随分前からレジ前に『スプーン等はおつけしません。必要な方は申し出てください』と大きく張り紙があるにも関わらず、未だ毎回必ず入れてくれようとします。orz その度に断って出してもらってます。思うんですけど、あの手のプラスチックスプーンでケーキやプリンを食べる割合ってどのくらいなんでしょうね? 出先や手みやげの場合を除いて、結構低い気がするんですが…? せめて入れる前に、必要かどうか一言訊いてほしいです。

何も言わずにつけてくれるのがサービスなのかもしれませんが、今の時代もう一歩進んだ環境に優しい、”付けない”サービスもあって良いと思います。 とりあえず、店の、社会の意識が変わってくれることを願いつつ、私はしつこく”要らない”アピールを続けていこうかな。 たまにレジで押し問答になって、悲しくなりますが。

2009年10月17日 (土) | 編集 |
道北旅行中に食べたものの中で、美味しかったものをご紹介♪一応Daの意見も訊いてみたのですが、ほぼ同意見だったのでそれ程独断ではないハズ(^^)

まずは、道の駅うとろ・シリエトク内”cowberry”のオリジナルソフトクリーム。これが特濃で激旨!でした。
道の駅うとろ・シリエトクのソフト utoro01a.jpg
ソフトは3種類あって、コケモモとヤマブドウのミックスと、シーズン限定のものと、上の特濃ミルク。この3つをまとめて楽しめちゃう3色ソフトなんてのも注文できます。食べたのはミルクだけですが、本当に美味しかった!今回食べた4つ(マリモソフト、知床レストハウスのコケモモソフト、摩周湖のバニラ)の中では一番でした。
ソフト以外にも、ヤマブドウジュースとかシカ肉バーガー、シカ肉フランクや、鮭フランクなんかもあります。隣接のレストランは、緑提灯4つ星のお店で、こちらも期待できそう♪でしたが、食べておりません(^^) 

つづいて、同じくウトロ市内の”旅の駅”という名の定食屋(?)さん。こちらも緑提灯3つ星店。
utoro02.jpg
ウニ丼や、いくら丼などの他にホッケ定食やお刺身定食などありまして、私が頼んだのは”おまかせ定食”。来てみてボリュームに吃驚。ホッケの半身に、刺身に、カレイの煮付け、いくらの小鉢に蟹の和え物他、更に4品にご飯と汁物がついて、1600円。加えて、タラバの足一本のサービス付き↓。
utoro02d.jpg
このタラバがまた美味しかったんですよ~。3泊中カニは、ケガニ、ズライ、タラバと毎日食べてましたが、このタラバが一番旨みが濃厚で美味しかったです。でもねーお店の人曰く、”食べて美味しいのはやっぱりズワイ”だそうで、私もそう思うんですけどね(^^)

そしてそのタラバを上回って、この定食の中の刺身が美味しかったんです!
utoro02b.jpg
ぷりぷりと歯ごたえで鮮度抜群!と思われるこの刺身。わからなくて名前を聞いたら”ソイ”との答え。たぶん、初めて食べましたが、本当に美味しかったです。

続いて美味しかったもの。それは牛乳!まあ普段低脂肪乳ばかり飲んでいたりするのですが(^^)さすが北海道の牛乳はどれも美味しかったです。
ひがしもこと牛乳 
中でも一番はこちら”ひがしもこと”の低温殺菌乳。本当に濃くて甘い。なんとクリーム分が浮いてるんですよ。ごくっと飲んだ瞬間、ふわりと甘くて柔らかなクリーム分が口の中に広がり、本当に美味しかった! ホテルの朝食バイキングで出た牛乳も美味しかったですね。デザートの牛乳プリン共々、お代わりしちゃいましたもん(^^)

以上、美味しかったもの、トップ3でした。番外としては、エゾジカの肉ですね。
実際に食べたのはエゾジカハンバーグと、カレー。お土産として売っていたエゾジカジャーキーですが、どれも赤身のお肉で味付けも工夫されて臭みなどなく、普通に美味しかったです。
エゾシカ・カレー
↑上はエゾジカカレー。この他エゾジカバーガーやエゾジカフランク、缶詰などみかけました。低脂肪でダイエットにも良いそうです。たた欠点は今のところ、牛肉よりも高いことだそう(^^)

2009年10月16日 (金) | 編集 |
道東旅行中に出会った動物達です。北海道は本当に多くの野生動物達が身近に暮らしていますね。この豊かな自然をいつまでも守っていきたいものです。

まずは、オホーツク流氷館で観たクリオネ。体長は1~3㎝。
animal01c.jpg
流氷の天使と呼ばれるクリオネ。正式名のクリオネ・リマキナは訳すと『ナメクジのような(リマキナ) 海の女神(クリオネ)』という意味になるそうで、まあどちらも軟体動物門腹足綱なので近いといえば近いんですが、少々がっかり。

その生態はよくわかってないらしく、寿命も2年くらいらしいとか、半年間エサを食べずとも平気らしいとか。捕食シーンは結構グロいとか(^^;)捕食シーンを撮影した映像を観ましたが、確かにグロかったです。

animal01.jpg animal01a.jpg
でもでも水中をひらひら泳ぐ姿はやっぱり可愛いですよねぇ♪

次はエゾリス。網走監獄博物館敷地内で遭遇。
animal02.jpg animal02a.jpg
ちろちろと茂みの中を駆け回っていました。

そしてタンチョウヅル。釧路には、鶴居や鶴見台という地名がありまして、どこまでもまっすぐな道路を走っていると、道沿いの田畑にたくさんの鶴がいるのです。
animal03b.jpg animal03.jpg
この時期はまだ田畑が緑なので、白い鶴の姿がよくわかります。綺麗ですね。特別天然記念物。絶滅危惧種です。

animal03a.jpg
運良く飛翔シーンを撮影できました(^^) 鶴の鳴き声も聞けて嬉しかったです。

2009年10月15日 (木) | 編集 |
10/11~14に北海道へ行ってきました。行き先は、世界遺産登録地の知床です。

知床を含む道東は、絶滅危惧種や天然記念物の宝庫。いろんな動物達、植物達に会ってきました。携帯からブログ更新はしていましたが、携帯からは画像upできなかったので~何故ならカメラ付きではないから!~旅行を振り返る形で少しずつupしていきたいと思います。

まずは初日、降り立ったのは釧路空港。
kusiro01.jpg
天気は快晴ながらも気温は10.8℃。冷涼という言葉をかみしめつつ、北海道に来たことを実感しました(^^)

kusiro02.jpg
空港の外には巨大なシマフクロウの模型が。フクロウは大好きな鳥です。この他、タンチョウヅル、ヒグマ、エゾジカと知床を彩る野生動物達の模型がお出迎え。

さて、空港を出発し、一路阿寒湖へと向かいます。途中、道沿いに並ぶ牧場と放牧されている牛や馬たちを眺めつつ、どこまでもまっすぐな道路に再び北海道を実感(^^) 統一されているらしい、牧場の看板がまた可愛かったですv 山々の紅葉も綺麗でした。

そして着いた先は阿寒湖。途中から雨風が降り出し、到着時の気温は4℃まで下がっていました。さ~む~いっ。フリースの上着や毛糸帽などは持ってきていたものの、荷物から引っ張り出す間もないまま、エコミュージアムセンターへ。目的は勿論、マリモちゃん! マリモは好きなのです。
akan01.jpg
展示されていたマリモ達。阿寒湖の底には直径40センチのマリモも生息しているのだとか。凄いです。不思議です。いつまでもぼーーと眺めていたい気分。

akan03.jpg
同じ水槽に展示されていた、アルビノのヒメマス。この他イトウなども展示。

まりもソフト
阿寒湖の遊覧船(?)乗り場売店で売っていたマリモアイス。ほんのりみどり色。

akan02a.jpg
食べ進むと中からマリモに見立てたらしい、緑色のゼリーが。ソフトの味はバニラ味…ということでしたが、いまいち粉っぽいような微妙なお味でした(^^)

2009年10月14日 (水) | 編集 |
羽田空港、展望デッキに居ます。乗り換えの間が長いのです^^;

空港来たのは久しぶりですが、エスカレーターなどはグリーン電力で動かしているみたいですね。
空港全体での電力量は凄いと思うので、グリーン電力の利用で少しでも省エネ、地球温暖化防止になれば良いですね。

それにしても、ジェットエンジン音、うるさい(+_+) 考えてみれば、飛行機が出す二酸化炭素もかなり多いと思うんだけど…^^;

2009年10月14日 (水) | 編集 |
朝から摩周湖と一瞬、釧路湿原を観て今は釧路空港です。羽田経由で帰ります。長いような短いような三泊四日でした。

今日は牧場放牧中の牛と馬、そして野生のタンチョウヅルを見ました!綺麗ですねぇ。一瞬ですが、飛び立つ姿も目撃。羽根を大きく広げて飛ぶ姿は、言い尽されていますが、やっぱり優雅です。

ただ鶴の衝突事故が増えてるんですって。電線はもとより、最近は携帯電話用の電波塔にぶつかる鶴が多いそう。考えさせられます。

それにしても空港待合室に畳スペースがあったら絶対需要大だと思う。混乱も必至だろうけど。

2009年10月13日 (火) | 編集 |
今日は羅臼湖トレッキング、片道5km往復三時間の行程です。

元気良く歩き出したもののいきなりの登りと泥道にちょっと冷汗が…(^.^;
それでもハイマツとクマザサの茂みを抜けて行くとダケカンバの白い樹肌に黄色い葉。山葡萄の赤、遠くには雪を被った羅臼岳と青空の素晴らしいロケーション!綺麗でしたよ。

しかしなから羅臼湖が近付くにつれ、低い雲が…。結局、羅臼湖に着くなり雨となり、雨具を引っ張りだす羽目に。水鳥の姿もなく残念でした。

それでもコケモモやシラタマ、ミミコウモリなどの植物を見る事ができました。満足。

2009年10月12日 (月) | 編集 |
知床夜の動物・星空ウォッチング、面白かったですよ!

人工の灯りの全くない中で観る星空は、文字通り全天満天の星空でした。

視力のあまり良くない私にも、空いっぱいに横たわる天の川がみえましたもの。

白鳥座や木星が綺麗。北極星が高いのも不思議な感じ。ずっと眺めていたい光の粒達でした

動物は、エゾ鹿沢山!四才以上の雄の角の立派な事。雌や小鹿は可愛いですね。

後、シマフクロウとキタキツネも観ました!
キツネ可愛い!一瞬でしたが、フクロウの飛ぶ姿は感動です。

残念ながらヒグマとタヌキには出会えず^^;

2009年10月12日 (月) | 編集 |
網走のオホーツク流氷館で観たクリオネは可愛かったです(^^)

快晴の中、知床連山を眺めつつ、知床五湖へ。エゾ鹿、普通に居ました。そしてエゾ鹿の食害で、いろんな木々が枯死してるそう。増えすぎてるエゾ鹿を減らすべく、エゾ鹿料理が色々考えられてるんだそうな。お昼に食べたエゾ鹿ハンバーグは普通に美味しかったですよ。

その後フレペの滝を見学。紅葉が綺麗。羅臼岳は山頂がうっすら雪化粧。帰ったらいっぱい写真upしますね。

今から夜の動物・星空ウォッチング。明日は羅臼湖へトレッキング&知床クルーズです。寒い…かな?

2009年10月11日 (日) | 編集 |
羽田経由で降り立った釧路空港は、天気は快晴。
しかし、気温は10.8℃!冷涼という表現を使いたくなるような気候です。

黄色く色付いた樹々と牧草地と牛の姿を眺めつつ、阿寒へ。
しかし阿寒が近付くにつれ、雨と風が(^^;) 4℃の寒さに震えつつ、展示されてるマリモを見学し、阿寒湖を眺め、それでもしっかり食べたマリモソフトは、なんか粉っぽいような微妙な味でした(--;)

今から夕飯。カニを食べまーす。

2009年10月11日 (日) | 編集 |
本日10/11から14日まで、ちょっと旅行へ行ってきます。

行き先は、世界自然遺産登録地、知床半島。釧路や阿寒湖も回ります(^^)/

フリースやパーカーやストールやレッグウォーマーやカイロも準備したけど、寒いかなぁ…?
まだ紅葉していると良いのだけど。

ヒグマや鮭やオオワシや、エゾジカなどなど。食物連鎖。知床の豊かな生態系を形づくる動物達が観られるとよいな。

とりあえず、行ってきます!
旅先からもブログ更新予定です、一応。

2009年10月10日 (土) | 編集 |
10/10の、SLF市民農園の様子です。

台風18号通過以来、初めて行く市民農園。防虫ネットが飛ばされてたり、ジャガイモの茎が倒れてたり、種撒き直後の種が流されてるんじゃあ…等々、心配していたのです(--;)。しかしながら、結果として4畝張ってある防虫ネットのうち、1畝だけ土に挿し込んだポールが土から外れた状態になっていただけでした。外れたポールを土に挿し直し、ポールにくっついていたネットを張り直すだけでOK! 良かったです(^^) でもご近所の区画の、サトイモの葉っぱが飛ばされてきていたり、撒いた覚えのない籾殻が散乱していたり…ご近所さんの山芋のポールが倒れていたり、コンニャクが傾いていたりしましたねぇ。やっぱり風の威力は凄いものです。

slf033d.jpg
ともあれ、秋ジャガ。順調に生育中。

茎ブロッコリー
茎ブロッコリーも、ネットを押しのける勢い。

slf033a.jpg
9月半ばに種まきした、紅芯大根も葉っぱがちょっとずつ大きくなってきました。

slf033e.jpg
先日種まきした、ほうれん草、ラディッシュ、青梗菜、水菜、ミックスレタスもそれぞれ元気に発芽中。これは青梗菜の双葉。

slf033.jpg
本日の収穫は、畝からこぼれた種から発芽、育っていた三寸ニンジン2本。そして紅芯大根の畝に一緒に種まきしておいたラディッシュたくさん♪鮮やかな組み合わせとなりました。

2009年10月09日 (金) | 編集 |
台風18号の農作物への被害が話題になっていますね。我が家のクラブアップも4つ付いていた実のうち3つまでが落ちてしまい…。勿論、本業の農家の方に比べれば全然大したことはないのですけど、やっぱり悲しいし悔しいです。それにしてもこれだけの台風のエネルギー。もっと風力発電等、うまく利用できないものでしょうかね?

さて、家庭菜園でミニトマトを栽培すると、どうしても青いトマトを収穫することがあります。剪定した枝についていたり、間引いたものだったり、株ごと撤収しなければならなかったり。でも青いトマトだって、立派な収穫です。野菜作りの手間と苗に対するいとおしさを思えば、捨てることなんてできないのです。

そんな訳でカレーに入れたり、ピクルスにしたり…といろいろ作っているのですが、今回は保存も兼ねて、みそ漬けと粕漬けを作ることにしました。一応ぬか床もあるので、糠漬けにもしてみたのですが…私、トマトの糠漬けはイマイチ好みじゃありませんでしたわ(^ ^;)

eat234.jpg
作り方は、ヘタをとり綺麗に洗った青いトマトをまず塩水につけます。トマトが充分被るくらいの塩水につけ、トマトが浮かないよう軽く重しをして一週間。

一週間後、水分をふき取った青いトマトを、砂糖と日本酒(みりんでも良い)を加えて緩くした酒粕に漬け込むだけ。味噌漬けも同様です。
eat234a.jpg
約一ヶ月漬け込んで完成です♪これなら保存もきくし、ちょっとした常備菜にもなりますよね。食べるの楽しみ。

2009年10月08日 (木) | 編集 |
最近割と早寝な生活が続いています。単に何故か眠くて仕方がないせいなのですが(^^;)早寝の方が、省エネにもなるしお肌はもとより健康にもきっと良いですよね(^ ^)

さて、台風18号、久々の本州上陸&日本縦断でしたね。各地で最大瞬間風速の記録を更新したそうです。最大瞬間風速30mとか言われてもイマイチ速度や威力がピンときませんが、うちの地方も夜中~明け方、風は凄かったです。風音で目が覚めましたもん。起きてみれば、灯油タンクの下にきっちりはめ込んでおいた、外置きのゴミ箱の蓋が飛んでいってました。探したけど行方不明のまま…。納屋に取り込んでおくんだったと反省。今日は行かなかったので、明日は市民農園の方へ行ってみようと思います。防虫ネットとか飛んでないと良いのだけど。

hana331b.jpg
昨日摘み取った向日葵の花。ここだけ、まだうっすら夏の気配。

2009年10月07日 (水) | 編集 |
カエル印のエコマークがあることを、新聞で知りました。

一般的にエコマークというと、Eをモチーフにした両手で地球を抱いているマークが思い浮かびますが、こちらは緑のカエルが目印。

レインフォレスト・アライアンス』の認証マークなのだそうです。

HPによると、レインフォレスト・アライアンスは、「土地の利用法、商取引の方法、消費者の行動を変えることにより、生物の多様性を維持し、人々の持続可能な生活を確保することを使命として」おり、「基準を満たす農園や森林に」認証マークを与えることが出来、「消費者は、これらの認証マークがついた商品の購入を通じ、環境を保護し、持続可能な開発を促進することができ」るのだそうです。

海のエコマーク、海のエコラベルと呼ばれる青い背景に白い魚のマークが「持続可能な漁業」を通じ、「海の資源を守ろう」としているのと同じですね。

フェアトレード認証ともちょっと似ておりますが、フェアトレードが不利な立場におかれがちな農家の、製品の価格保証をもたらすのに対し、レインフォレストアライアンスは、農場や農園がどのように経営管理されているかを重視しているのだそうです。 
詳しくはこちら→ 『「レインフォレスト・アライアンス認定」と「フェアトレード認定」の違い

レインフォレスト・アライアンスの認証マークが付いた農産物は、珈琲やココアお茶などの嗜好品、バナナやパイナップルなどの柑橘類、切り花やシダなどがあるそうです。

日本でもリプトンが、レインフォレスト・アライアンス認証を受けた紅茶葉を使用し、パッケージにもそのマークをつけているそうなので、(2009.7月より~)今度注意してみてみようと思います。紅茶は好きでよく飲むので、そうゆうことなら応援する意味でも買っても良いかな、と。

少しずつでも出来る範囲で、いろんなエコ商品、応援&利用していけたらなぁ、と思います(^^)

おまけ。
hana331c.jpg hana331.jpg
文章ばかりで寂しかったので。
自家製ドライフラワー。ルリタマアザミ、千日紅・ストロベリー フィールズ、そしてニゲラです。
一見、ボンボンみたいに丸っこくって可愛いルリタマアザミ。しかしながらアザミはアザミ。生花でもトゲトゲが痛かったですが、ドライになると更に一層トゲトゲが痛かった…(--l) 素手では触らない方が良いです。

2009年10月06日 (火) | 編集 |
台風が近づいているようですね。非常に強い台風で、本州にも上陸の恐れがあるようです。うーん、植え替えたばかりの苗木や、種まきしたばかりの畑が心配…(--;) せっかく植林したのになぁ。その他にもいろいろと。とりあえず明日は鉢やスダレなど片づけようと思います。自転車も玄関に入れておこうかな。

さて、10/4のスローライフフィールド、市民農園の様子です。
この日の作業は、まずはピーマンとモロヘイヤの撤収! そう、まだ植えてあったんですねぇ、夏野菜達。ピーマンはまだ蕾がついていて、10月下旬まで収穫可能らしいですが、葉野菜を植えたかったので撤収。モロヘイヤもそろそろ葉が固くなってきて、何より莢が出来はじめているし。

slf031c.jpg
という訳で、モロヘイヤの莢です。この中に、ぎっしりとタネが詰まっています。ちなみにモロヘイヤの種は有毒なので、食べてはいけないそうな。ともあれあんな小さな花から、結構大きなサヤが出来るので吃驚。来年の為に種を採りたかったので、家庭菜園の方は2株だけ苗を残してあります。うまく種がとれると良いなぁ。

結局ピーマンは、この日の収穫分含め、トータル以下の数を収穫しました。
 ・ベルホマレ..2株で、 91個
 ・京みどり...2株で、151個
 ・ししとう....1株で、 92個 (家庭菜園分)

やっぱりピーマンは多収穫ですねぇ。沢山収穫したなぁ…という気はしていたのですが、数えてみるとやっぱり沢山でしたわ(^^)  京みどりの方が多収穫でしたが、ベルホマレの方が肉厚で食べ応えがありましたね。

slf031b.jpg
この他、先日植え付けたコールラビも収穫。ちょうど食べ頃の大きさ。

slf031.jpg
こぼれ種で畝以外で育っていたニンジンも少々収穫です。

slf031a.jpg slf031e.jpg
そして更に、サツマイモを一畝分収穫。1畝に5株植え付けたんですが、何故か途中で1株消えちゃったみたいで…(--l) 4株ぶんで15本の収穫でした。思わず”でかっ!”と叫んだのから、ほっそーいものまでいろいろ。一番大きかった芋のサイズを測ってみると、28㎝、645gありましたよ。

この日は他に、大根の間引きと、葉野菜の種まき。撒いた種は、ほうれん草、ラディッシュ、水菜、青梗菜、レタスミックスと盛りだくさん。でもまあ、種まきもこれが最後かな?どうぞ台風に負けずに、無事育ってくれますように。……防虫ネットが吹き飛ばないと良いんだけど(--l)

slf031f.jpg
秋植のジャガイモは、早くも蕾を付け始めました。

2009年10月05日 (月) | 編集 |
旅行を控えて、当地のガイド本や旅エッセイを読みあさり中です(^^) 去年の屋久島に引き続き、今年も世界自然遺産登録地へ行くことにしたので、ちょっぴり勉強中。自然保護区、ということで手つかずの自然が残っているんだろうなぁ、くらいの認識だったのですが、いやいや絶滅危惧種の多いこと。そして保護区内での食物連鎖も一部が崩れてきているそうで(--;) 難しいなぁ。

さて、庭植のハーブ達をもっと有効活用できないかな~と思い、ハーブチンキを作ってみることにしました。

今回使ったハーブは、ハーブゼラニウムとセントジョンズワート。1種類だけで作ろうかな?とも思ったんですが、どちらも茂りすぎていたので剪定を兼ねて。

aroma03.jpg
1.ガラス瓶に、エタノール80ml、精製水120ml+好みのハーブを浸す。
  エタノール80mlと精製水120mlでアルコール度数が40%になります。アルコール度数40のウォッカを使うこともできます。2週間、毎日瓶を振ってエキスの抽出を促すのがポイント(^^)

aroma03a.jpg
2.2週間後、珈琲フィルターなどでハーブを濾して出来上がり♪

aroma03b.jpg
冷暗所で保存します。2年くらい保存できるそうです。
ウォッカで作ると、ハーブチンキとして飲用することもできます。私はエタノールで作ったので、飲用は不可(^^) ルームスプレーや化粧水用。アルコール度数が40度あるので、さらに精製水で薄めて使います。

2009年10月04日 (日) | 編集 |
ブログエントリーで苗を育てるエコアクション、グリムス。2周年記念の動物は...

グリムス 6本め 09.10.04 2周年
シマウマ!でした。 前回のパンダといい、象といい、大きな動物ですねー。

グリムス 6本め 09.10.04 2周年
途中足を止めて、こっちをみます。可愛いけど、可愛いけど……相変わらず、リアルでちょっと怖い気も(^^;)

6本めの苗も順調に生育中。相変わらず3日ごとに次の段階へ進んでいるみたい。大人の木になるまで、前回は14段階かかっているので…まだまだですね。紅葉シーズン中に、大人の木になると良いなぁ。

2009年10月04日 (日) | 編集 |
かいねの「夏野菜とモロヘイヤの昆布あえ」のまねしてかいてみるね

昨日、植林でくるんであえるだけで握った。

*このエントリは、ブログペットの「るぅ様」が書きました。

2009年10月03日 (土) | 編集 |
昨日、植林のキーワードを書いたので、グリムス2周年の動物が来てくれるかな~?と思ったのですが、別のキーワードの動物が来ちゃいました(^^) ま、いいんですけどねー。今日は、植林で来てくれると良いな。

さて、家庭菜園のモロヘイヤ。花が咲く頃になるとどうしても葉が硬くなります。収穫物は出来るだけ食べるように心がけているのですが、ちょっと硬めの葉も美味しく食べたいなぁ、それに毎回お浸しというのも…と思いレシピを調べた結果。

夏野菜とモロヘイヤのさざなみ昆布あえです。
eat236c.jpg
さっと茹でたモロヘイヤの水気をきり、細かく叩くように刻みます。これでちょっと硬めの葉っぱも気にならなくなります。
あとは手持ちの夏野菜、胡瓜やミョウガやシソなどを薄くスライス、もしくは細かく刻んで、モロヘイヤと一緒にさざなみ昆布であえるだけ。昆布を加えることで塩味と旨みが添加されるので、醤油など足さなくても美味しいですが、物足りないと感じた時は、醤油やポン酢、出汁醤油など加えると良いと思います。

ミョウガとシソの香味がとっても美味しい一品です。来年はもっと早くから作ろうっと。

eat236b.jpg
そうそう、先日漬け込んだ、シソの葉の塩漬け。おにぎりにしてみました。
塩だけで握った塩むすびを、塩漬けしたシソの葉でくるんで。シンプルだけど美味しいおにぎり。見た目も海苔を巻いた時と違って新鮮な感じ。こうして見てみると塩漬け後も、結構緑色が残っているものですね。

2009年10月02日 (金) | 編集 |
ブログで苗を育成し植林するエコアクション『グリムス』が、2009.10.1で2周年を迎えたそうです(^^)/ で、2周年企画でプレゼントキャンペーンがあるとか。私は、えこよみカレンダーが良いなぁ。季節を感じながら暮らすのって、好きなので。

そういえば明日は仲秋の名月ですね。仲秋の名月といえば、旧暦8月15日の月を意味しますが、今年は旧暦の5月が2回(閏5月)があるので、遅いんですね~。旧暦でいうとまだ8月だなんて、変な気もしますが、旧暦の8月はれっきとした秋の真ん中なのだそうです。ま、明日は月見団子でも買ってこよう。多分、雨月になりそうだけども。

さて、話戻ってグリムス。
私も去年の5月から参加していますが、登録ブログ数も4万を突破し、日々増えているようですね。
これからもきっとたくさんの苗が植林されていく切っ掛けになるでしょう。

折角なので、最近遊びに来てくれた動物達を。
gremz091001.jpg
猫好き♪肉球 猫好き♪ 羅琉 喜

gremz090930.jpg
あくびしてます。可愛い~~~~にゃんこ
もうちょっと取り上げやすいキーワードだったら、毎日だって呼ぶのに(こらこら)

gremz090924.jpg
こちらはドードー。最初観た時、七面鳥かと思いました(--;)

2009年10月01日 (木) | 編集 |
トキの放鳥が話題になっていますね。一時は野生絶滅扱いのトキも、調べてみると国内には現在153羽のトキがいるのだとか。いや、意外と増えてて吃驚しました。トキ保護センターの方々、お疲れさまです。野生のトキが日本の空を自由に舞っているのを観られる日が、一日も早くきますように。

絶滅動物、絶滅危惧種といえば、先日英国の動物学者でもある某TV司会者が「パンダへの支援を断ち、そのまま絶滅させるべきだ」と発言して物議をかもしていますが…。ロイターの記事を引用させてもらうと『「不運なことに、大きくてかわいいし、WWF(世界自然保護基金)のシンボルでもある。われわれはパンダの保護に何百万ポンドも(何億円も)つぎ込んできた」とした上で、「支援を断つべきだと思う。一定の尊厳をもって絶えるのを放っておこう」などと述べた』そうです。 何かわかるような、わからないような(--;) まあ、私も地デジの普及に何千億のお金をかけるなら、もっと他のことに使え!と思ってますけどね。

さて、家庭菜園のレタス。秋らしい冷涼な気候のおかげが、順調に育ってきました。
yasai196.jpg
これなんかそろそろ食べ頃? 間引きも兼ねて収穫してみようかな。

yasai196b.jpg
そしてこちらは、レタスの間に混植してある茎ブロッコリー。ケムシに食われっぱなしでございますがーん

musi037.jpg musi037a.jpg
もう、どの葉っぱも必ず1~2匹の虫がいる…。葉の表だけではなく、裏にもいる…。そしてせっせと虫取りに励む私の横を、蝶々がひらひら複数飛び回っている……。orz

レタスの虫除け効果、ぜんっぜんないってことは良くわかりましたわ。でもレタス自身は殆ど食われてないんですよねぇ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。