FC2ブログ
スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
2009年10月07日 (水) | 編集 |
カエル印のエコマークがあることを、新聞で知りました。

一般的にエコマークというと、Eをモチーフにした両手で地球を抱いているマークが思い浮かびますが、こちらは緑のカエルが目印。

レインフォレスト・アライアンス』の認証マークなのだそうです。

HPによると、レインフォレスト・アライアンスは、「土地の利用法、商取引の方法、消費者の行動を変えることにより、生物の多様性を維持し、人々の持続可能な生活を確保することを使命として」おり、「基準を満たす農園や森林に」認証マークを与えることが出来、「消費者は、これらの認証マークがついた商品の購入を通じ、環境を保護し、持続可能な開発を促進することができ」るのだそうです。

海のエコマーク、海のエコラベルと呼ばれる青い背景に白い魚のマークが「持続可能な漁業」を通じ、「海の資源を守ろう」としているのと同じですね。

フェアトレード認証ともちょっと似ておりますが、フェアトレードが不利な立場におかれがちな農家の、製品の価格保証をもたらすのに対し、レインフォレストアライアンスは、農場や農園がどのように経営管理されているかを重視しているのだそうです。 
詳しくはこちら→ 『「レインフォレスト・アライアンス認定」と「フェアトレード認定」の違い

レインフォレスト・アライアンスの認証マークが付いた農産物は、珈琲やココアお茶などの嗜好品、バナナやパイナップルなどの柑橘類、切り花やシダなどがあるそうです。

日本でもリプトンが、レインフォレスト・アライアンス認証を受けた紅茶葉を使用し、パッケージにもそのマークをつけているそうなので、(2009.7月より~)今度注意してみてみようと思います。紅茶は好きでよく飲むので、そうゆうことなら応援する意味でも買っても良いかな、と。

少しずつでも出来る範囲で、いろんなエコ商品、応援&利用していけたらなぁ、と思います(^^)

おまけ。
hana331c.jpg hana331.jpg
文章ばかりで寂しかったので。
自家製ドライフラワー。ルリタマアザミ、千日紅・ストロベリー フィールズ、そしてニゲラです。
一見、ボンボンみたいに丸っこくって可愛いルリタマアザミ。しかしながらアザミはアザミ。生花でもトゲトゲが痛かったですが、ドライになると更に一層トゲトゲが痛かった…(--l) 素手では触らない方が良いです。
スポンサーサイト