スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年09月14日 (水) | 編集 |
先日11日のDash村で、ヒマワリを使ったセシウムの吸収除去実験の様子を放送してました。

Dash村は、開村当時からずっと楽しみに毎週見てきたし、この実験が復興の一助になればいい…と思いながらみていました。

で、今日14日。農林水産省が、『放射性セシウムを吸収するとされていたヒマワリには「ほとんど効果がない」との実験結果を発表した』そうです。


具体的には、

『5月に種をまき、8月に開花したヒマワリの場合、土壌1平方メートル当たり約107万ベクレル含まれていた放射性セシウムのうち、吸収できたのは約2000分の1の520ベクレルにとどまった』そうです。



うーん、なんか、微妙だなぁ。

確かに、ヒマワリがセシウムを吸着したとして、そのヒマワリをどう処分するか、という問題はあった訳だし
吸着したヒマワリを燃やしたり、堆肥にしてもセシウムはまた放出されちゃう訳で
きちんとした処分が必要…ということは、最初から問題としてあった訳ですが。

Dash村での実験ではどうなるのかなぁ。
違う結果が出て欲しいような、でも、出たらどうするんだろう。

セシウムが植物に吸収されると考えられたのは、セシウムが植物の成長に欠かせないカリウムと似ているから…ということなので、
カリウムの吸収率が高い植物って、他にないのかな。

明日ちょうど、「土づくりの科学」講座の受講日なので、訊いてみようかな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。