スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年12月19日 (水) | 編集 |
アズキのチカラ、今日も使ってみました。

40秒レンジであっためて、さあ、目元に当てようか…と思ってよくよく見たら、目元に充てる側の布に”キケン”の文字が浮かび上がっている!

おお、これが温め過ぎると表示される警告なのねーと、しみじみ眺めていました。…まあ、アズキの偏りをなおすために、2~3回振っているウチにあっさり消えたので、そのまま使いましたが(笑)

やっぱり気持ちいいですー。だいたい15分くらい、温かさが持つようです。多分室温等にもよると思われます。

それにしても、気になるのは何故”小豆”なのか? 黒豆や大豆ではダメだったのか?

調べてみるとあっさり答えは公開されておりまして、要約するならば

1.小豆は他の豆よりも水分保持力が高い。
2.小豆の呼吸する力~水分を吸ったり吐いたりする~を利用して、天然蒸気の温熱方式で、じんわり奥まであたためるのが、”あずきのチカラ”

なんだそうです。ちなみに、カイロやジェルタイプのゆたんぽは乾熱式だとか。

なるほどー。
単に、小豆の赤い色が、あったかそうな色だから…じゃなかったのね。
小豆の赤い色が、赤外線効果(見えません)をもたらしてあたたまるから…でもなかったのね。

でもまあ、赤い色は火の色、血の色、エネルギーの色、でもあるので、熱を連想させる色ですよね?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。