スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年05月21日 (火) | 編集 |
県中央植物園で、ゾウコンニャクの花を観てきました。
花を咲かせるだけの栄養が溜まらないと咲かないそうで、当園ではなんと13年ぶりの開花になるそうです。
hana367b.jpg hana367a.jpg
独特の色合いですね~。
花~苞~の大きさは大人の手のひらより大きいくらい?もっと大きいかな。

hana367c.jpg
花の形が、象の頭に似ているからゾウコンニャクなの?と思っていたら、地中の塊茎と呼ばれる部分がゾウの足に似ているからだそうです。右上端の緑と白のは、茎。ちなみに葉っぱは閉じていた…というか、まだ成長しきっていない感じでした。これから育つのかな?
ちなみに、若い葉は茹でて食用になるらしい…。コンニャクと名前はついているし、仲間ではなるけれど、コンニャク成分を殆ど含んでいない為、コンニャクは出来ないそうです。

hana367d.jpg
脱いだ靴下の匂いとも、腐ったヨーグルトの匂い…とも言われる強烈な匂いで虫をおびき寄せる虫媒花。しかし残念ながら開花から既に2~3日経過している為か、殆ど匂いは感じられず…。ちょっと残念でした。

hana368.jpg
同じ温室に咲いていた水連。水連もいろんな色があるのですね。

hana368a.jpg
水連の池を臨んで佇んでいたカエル。ちっとも動く気配もなかったし…質感的に、もしかすると作り物…かなぁ?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。