FC2ブログ
スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年10月16日 (月) | 編集 |
最近気になって仕方がない一冊です。
『シャーロック・ホームズとお食事を―ベイカー街クックブック』
シャーロック・ホームズとお食事を―ベイカー街クックブック シャーロック・ホームズとお食事を―ベイカー街クックブック
ジュリア・カールスン ローゼンブラット、フレドリック・H. ソネンシュミット 他 (2006/07)
東京堂出版
この商品の詳細を見る


私はシャーロッキアンでは全くなく、きちんと正典(^^;)を読んだのはホームズ全集のうちの「シャーロック・ホームズの帰還」位なのですが、ヴィクトリア時代の伝統的なイギリス料理が200種類も載っている、となるとものすごく興味をそそられるのですよ(^^)
まさかヴィクトリアン・ケーキまでは載っていないかもしれませんが、あの時代の人たちがどんなものを食べていたか、またそれを作ることが出来たら楽しいだろうなぁ…。

今月はコレ↓を買ってしまったので~他にも花苗とかいろいろ~お小遣いに余裕がないけれど、近いうちに買いたい一冊ですv
ターシャ・テューダーのクックブック ターシャ・テューダーのクックブック
ターシャ テューダー (1998/11)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


ホームズに興味があるんだけど、いきなり全集読むのはちょっと…な方にはこちらもお勧めですよ。
QED ベイカー街の問題 / 高田 崇史

コメント
この記事へのコメント
きょうSugar
きょうSugarは東京へ文藝春秋は出版しなかったー。
2006/10/18(水) 16:33:56 | URL | BlogPetのSugar #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。