スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月27日 (火) | 編集 |
先日から何度も話題にしている環境貢献型ブログパーツ、グリムスの登録サイト数が一万件を突破したそうです♪登録サイト様の苗がすべて大人になれば、単純計算で一万本の苗が植樹されることになります。たかが苗、されど苗。少しでも地球温暖化対策になることを願って。私も頑張って、苗を育てるぞー!

折角なので、節水・環境対策を兼ねた米のとぎ汁の再利用・リユースについて。
よく言われる話ですが、例えば米のとぎ汁2Lを排水溝に流すと、その水を魚が住める水質に戻す為には、家庭の風呂桶(300L)4杯分の水が必要なのだとか。我が家の場合、親戚から貰った玄米を7分付きに精米したものを使うことが多いため、米に付着する糠も多く、毎回4回は水をかえてとぐので、多分8Lくらい水を使っているのではないかと思われます。(--;)

これは勿体ないし、環境にも良くないよね…ということで、最近再利用を心がけています。

1つは、定番ですが、植物への水やりに。
勝手口にバケツを置きまして、一回米を洗うごとに、排水溝へ流さずにバケツへ貯めます。4回も繰り返すと殆どバケツ一杯になるので、これを水やりに使用。以前ある本で、牛乳パックに貯めると持ち運びに便利…とあったので、牛乳パックを使ったこともありましたが、本数が多いとコレも面倒で…使ったあと、牛乳パックを洗わないと臭くなるし(--;) 今はバケツで定着中。 ただ鉢植えにとぎ汁をやり続けると、土中にぬかが詰まって目詰まりを起こすので、地植えの植物に使う方が良いです。あげる場所もできるだけ変えること。

2つめは、とぎ汁を洗い物に使います。
これは結局排水溝に流しちゃうのですけれど(--;) とぎ汁に含まれたぬかを石鹸がわりに使う方法。つまりキッチン用石鹸を使わない。もしくは少量で済むというあたりがエコ・アクションかな、と。
とぎ汁を洗い桶(大きめのボールでも良い・我が家では米とぎ用ボールをそのまま使用してます)に貯めておき、茶碗等を浸して使います。肉類のきつい油には向きませんが、ごはん茶碗や汁物など軽い汚れは、きちんととれますよ。魚焼きのグリルや、匂いの染みついた弁当箱などもとぎ汁に一時間ほどつけておくと、匂いが消えます。仕上げに綺麗に水洗いするのを忘れずに。
あと、とぎ汁で布巾や雑巾等洗うと漂白効果で白くなるそうなのですが……何回かやってみましたが、これはあんまりオススメしません。布にぬかが残ってると逆に変色するし、臭くなるんですよね(--;)

とりあえず、我が家でやっているとぎ汁の再利用法はこの2つですが、厳密に考えすぎてキツイので、出来る範囲で頑張っているところです。

コメント
この記事へのコメント
NoTitle
炊飯器の「玄米コース」です。(;^_^
お酒やにがりを少し加えると気持ちふっくらします。

ダンナくんも歯ごたえがあるのが好きなので、玄米ばかりです、我が家。
2008/05/29(木) 21:36:57 | URL | kotoko #-[ 編集]
NoTitle
kotokoさん、こんにちわ。
いつもコメント有り難うございます(^^)
へぇ、玄米だととぎ汁濁らないのですねぇ。玄米食、チャレンジしてみようと思いつつ、まだ食べたことないんですよ。玄米は炊くのが難しいと訊くのですが、コツとかあります?眺めに浸水させれば良いのかしら? 今度ウチでも炊いてみますねー。
バケツ、キッチンの近くに置き場を確保できるならオススメですよー。よろしかったら、試してみてくださいね。
2008/05/29(木) 17:27:29 | URL | かいね → kotokoさん #-[ 編集]
NoTitle
我が家では、玄米が主食なので、とぎ汁はほとんど濁りがないのですけど、あの水をそのまま流しちゃうのは本当にもったいないですよね。
ウチは洗い桶に溜めて庭に持っていったのですけど、たぷたぷに入ってて、いつもこぼれちゃっていました。
よく考えたら、バケツに入れればいいんですよね。
σ(^_^;)アセアセ...
我が家もそうします!
2008/05/29(木) 13:42:15 | URL | kotoko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。