スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月15日 (日) | 編集 |
お天気も良かったので、カメラ片手にハイキングに行って来ました。
行った先は、おわら風の盆で有名な八尾町・城ヶ山公園。
丘陵公園として眺望も良くハイキングコースも整備され、四季折々の山の情景と、野鳥のさえずりを聴くことができる…とガイド本にあったので行ってみたのです。が、さすがは坂の町。町内の一方通行や細く曲がった道路が多く、しばし町内をグルグルするはめに。公園内に駐車場有り、とはなっていたのですが、ここ車で登っていいの…?的道だったりしたので(^ ^;)公園下に車を止めての山登りとなりました。結果的には、公園内に駐車場は何カ所もあって、私が躊躇った道も登って良かったらしいのですが(笑)
yatuo06.jpg
展望台からの眺め。天気がよければ、海も望めたらしい。

yatuo05.jpg
何故、ここに琴ヶ梅の手形が……?と思ったら、八尾出身なんだそうです。

yatuo04.jpgyatuo07.jpg
城ヶ山は桜の名所だそうで、そこここに桜の木が。赤い実や黒い実が鈴なりでした。4月下旬には水芭蕉も観られるそうです。今の季節はやはり紫陽花と、ハイキングコースのあちこちにドクダミの花。
ウグイスやヒヨドリなど、野鳥の声も五月蠅いくらい。時折姿もみかけした。遠くて何の鳥かよくわからなかったけど(^ ^)

yatuo01.jpg
そうそう、休憩所の一つに、何故か金属製の馬が一匹。”ご自由に乗って遊んでください”とのこと。

yatuo03.jpgyatuo02.jpg
城ヶ山公園のすぐ下は、おわらの町流しをする格子戸の民家が並ぶ情緒あふれる通り。軒先に風鈴をさげている家が多く、ちりんちりんと綺麗な音色が流れていました。その中で一軒だけ、玄関先にこんなものをさげているお宅が…。よくよくみると、どうやら草鞋を束ねたものらしいのですが…?草鞋じゃないのかなぁ?謎。
とはいえ人通りは殆どなく、地元の子供達が自転車で駆け抜けていったり、お店を覗いてもご近所さんが座り込んで話しているような、日常そのままの風景。おわらの情景しか知らなかったので、少々戸惑いつつ。時間がなくってあまりのんびり散策できなかったので、また行ってみたいと思いました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。