スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月17日 (火) | 編集 |
6/8から太陽熱を利用して培養してきた『えひめAI-2』 
ehime05.jpg
↑撹拌直後。色合いがマミーだなぁ(笑) 撹拌しないと、下にヨーグルト成分らしきものが沈殿しています。
phは未確認なものの(^^;)とりあえず、腐敗臭はしないし…そろそろいいんじゃない?ということで、実際に使ってみました。

使ってみたのは3カ所。
1.台所の排水溝。
 撹拌したえひめAI-2を100~200cc流すと、流しの匂いやぬめりがとれる…とのこと。
 昨日寝る前に流してみたのですが。朝起きてキッチンの前に立つと、ぷ~んとえひめAI-2の匂いが(^ ^;) いやな匂いではないんですけどね。流す前にぬめり具合を確認しなかったので、効果の程はいまいち不明(--;)でも綺麗は綺麗でしたよ、排水溝。

2.お風呂の入浴剤として。
 上澄みを50~100cc、お風呂の入浴剤として。お肌に優しい弱酸性で、芯から温まる…らしい。
 使う量が少量なので、覚悟していた程の匂いはなし。浴槽につかっていると、いつもより汗をかく。ただ、入浴後若干肌が痒くなったのは、関係あるのかないのか?
 更に入浴後、循環式ボイラーの湯垢とりの為に、5分ほど追い炊きしてみました。今朝洗濯に使うため確認した所、明らかにいつもよりお湯が濁っていました。ボイラーの中の湯垢が分解されて出てきたらしい…。 さすがにTVでやっていた程、黒い汚れではなかったですが(笑) なお、洗濯に使うと洗濯槽の汚れも落ちるそうです。

3.お風呂の排水溝。
 撹拌したえひめAI-2を100~200cc流してみました。
ehime06.jpg
 綺麗な写真でなくてすみません(^ ^ ;)キッチンの排水溝写真を取り忘れたので、せめてここだけでも…と思って。↑が、えひめAI-2を流す前。白い湯垢か石鹸のようなものが浮き、水も黒く濁り、底が確認できない状態。

ehime07.jpg
流し込んで約7時間後の状態。白い湯垢は薄く分解され、水の黒さも薄まり、底が見えるようになりました。縁の黒ずみも薄く、綺麗になってきています!おお、効き目あるじゃんっv

という訳で、それなりに効き目が確認できたので、今後も使ってみようと思います。500~1000倍に薄めて、草木の肥料代わり(葉に散布すると成長を促進する)や、堆肥づくりにも使えるそうですしね。今度はもっとたくさん培養しようっと羅琉 喜

参考にしたサイト。
詳しい作り方と使い方
・<愛媛県産業技術研究所>... pdfファイルでのダウンロードとなります。
・<愛媛県 北宇和郡 鬼北(きほく)町 ホームページ>...
   生活ガイド>生活環境/環境浄化微生物(えひめAI-1・えひめAI-2)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。