スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年07月26日 (土) | 編集 |
毎日暑いですね。さすがに我が家も今日の午後は、扇風機が回り放し。扇風機だからまだいいか…と思いつつ、今日も最大電力更新するんだろうな、とも思いつつ。これだけ省エネが叫ばれる中、地元電力会社が日々最大電力の記録更新を続けていることがなんとも不思議…というか、矛盾というか。さすがに火力だけではなく、風力や波力発電にも取り組み始めたとニュースにありましたが、もっと自然エネルギー(原子力は個人的に反対です。原発が増えるくらいなら、冷房つけずに我慢する道を選びます)を活用できると良いのに。

自然エネルギーといえば、夕立による打ち水効果~ついでに庭木に水やりしなくて良いし~を待ちかねている毎日ですが、先日読んだ記事に「サカタのタネ」オリジナルの『サンパチェンス』が従来の園芸植物に比べて「4~6倍もの高いCO2吸収能力」を持つとありました。この他ホルムアルデヒドは3~4倍、二酸化窒素は5~8倍の吸収能力があり、花の表面温度が低いために、打ち水効果による温度降下能力も備えている、とありました。

詳しい記事はこちら。
『サカタのタネ』HP
サンパチェンスの環境浄化能力について
サンパチェンスの紹介

サンパチェンス、去年は我が家も植えていたのだけど、殆ど花が咲かないまま終わってしまったので、今年は植えなかったのです。でも、そうゆう効果があるなら、来年また植えても良いな、と。

庭に木や植物を植えることは、温暖化対策の面からみても良い効果があると思いますが、将来的にガーデニングも環境への効果を考えて品種を選べる時代になるかもしれませんね。


hana204.jpg hana205.jpg
ともあれ、まず今は目で涼を呼ぶ工夫を。
夏の鮮やかな花の中で、ブルー系の花々はいっそう涼しげです。どちらもデルフィニーム。
向日葵もようやく蕾をつけはじめましたよ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。