スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月12日 (火) | 編集 |
遅ればせながら、省エネ・節電対策(というより暑さ対策)として、リビングと和室の外にすだれを下げました。
eco03.jpg eco03a.jpg
光量の加減がうまくいかず、綺麗に写っていませんが(--;)簾のある風景は、そこはかとなく『和』の風景。昔懐かし、昭和の色合いともいうのかな?簾越しに透けてぼんやり写っている影は自転車です。

eco04.jpg
リビングの方はこんな感じ。
葦(よし)の色合いか、外が暗く見えるのでいつもより涼し気に見えます。これは思わぬ効果でした。

eco04a.jpg
外から見るとこんな感じ。窓の上の雨よけ(?)に金具を取り付けて下げてあります。和室の方は、網戸の桟に金具を設置。

すだれ(葦簀・よしず)は、外からの視線や太陽光を遮り風を通すもの。室内に下げるカーテンやブラインドと違い、外にすだれを設置した場合は、窓とすだれの間に空気の層ができるので遮熱の効果があると言われています。

で、実際の効果の程なのですが、うーん、簾を下げるのと下げないのとでは室温が5度違う…という意見もあったのですが、正直それほどの違いは実感できませんでした。本日の最高室温は33℃でしたしね。まあ去年は35℃超えの日もあったので、効果はなくもないのでしょう。
何より窓越しの日差しが柔らかいのは事実です!いつもなら、レースカーテンと遮光カーテンを2重にしめて太陽光を遮っているのですが、今日はレースカーテンだけでも眩しさを感じませんでしたもん。(もしかして遮光カーテンも閉めれば、もっと室温が下がったのかなぁ?)外からの視線を遮るので、今まであまり開け放てなかった和室の窓も全開にできるので、風も通るし。

すだれの遮熱効果については、すだれ自身が熱を吸収してしまうので、すだれの温度を下げるために打ち水(水をスプレー)すると良いそうです。実験では40℃が25℃まで下がったという報告もあるよう。よーし、明日は簾に水かけてみようかな。いろいろ組み合わせて、なんとか夏を乗り切りたいものですね。

参考までに、かかった費用。
 ・すだれ(88×220cm) ..1枚 300円前後。
 ・取り付け金具..1組 400円~500円前後
 3カ所取り付けたので、計3セット約2400円ほどでした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。