スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月29日 (水) | 編集 |
雨です。10月と思えないくらいの寒さですね~。庭のウィンターコスモスも雨に打たれて寒そうに見えます(--;)天気が良ければ、先日買ったミニチューリップとオーニソガラム、植え込みたかったのにな。

グリムス 3本め 梟 08.10.29 グリムス 3本め 梟 08.10.29

さて、3本め育苗中のグリムスに、梟が来てくれました♪梟は大好きなモチーフなので嬉しいですね。宮澤賢治のモチーフでもあり、知恵の象徴でもあり。そういえばターシャさんも、草木か何かで手作りされていましたね。あまり街では見かけることのない鳥ですが、愛される存在なのだと思います。

さて見かけないといえば、最近赤とんぼを見かけません。1週間ほど前に庭で1匹見かけましたが、赤くなかったし。今住んでいるところは、周囲にあまり田圃がないのでそのせい?とも思っていたのですが、どうやら全国的に少なくなっている様子。とんぼが育つことのできる環境が減ってきているのだそうです。

確かに水路や用水の類はコンクリート舗装されたり、土中に埋められたりして昔ながらの土手がなくなってきているみたいですし、田圃にまかれる農薬の影響もあるのでしょう。

カエルが減って、トンボも減って……。どんどん減っていく生き物たち。温暖化で北極の氷が溶けだしシロクマたちに影響を与えていると言われますが、もっと身近なところにも絶滅の危機にさらされている生き物たちがいるようです。

今年の夏、庭に出ると蚊にさされるという繰り返しでした。実はつい先日も室内に蚊が進入してきて、夜中に起き出し電気をつけて蚊を叩かなければ眠られないという事態が続けて発生。 以前住んでいたところは、周囲が田圃だらけで、庭に出ればやっぱり蛙だらけ。草むしりをしようと思えばうっかり蛙を掴んでしまう程ウジャウジャ蛙が居たのですが、その分蚊はまったくおらず。 だから今回の蚊の発生には温暖化だけではなく、蛙や赤とんぼの減少も関係しているのかなぁ…と思っています。

蛙も赤とんぼも好き。それぞれ、日本の梅雨や秋に欠かせない生き物たちだと思います。彼らを絶滅動物にはしたくない。そんな事を秋の雨音に思うのです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。