スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月16日 (金) | 編集 |
道東旅行中に出会った動物達です。北海道は本当に多くの野生動物達が身近に暮らしていますね。この豊かな自然をいつまでも守っていきたいものです。

まずは、オホーツク流氷館で観たクリオネ。体長は1~3㎝。
animal01c.jpg
流氷の天使と呼ばれるクリオネ。正式名のクリオネ・リマキナは訳すと『ナメクジのような(リマキナ) 海の女神(クリオネ)』という意味になるそうで、まあどちらも軟体動物門腹足綱なので近いといえば近いんですが、少々がっかり。

その生態はよくわかってないらしく、寿命も2年くらいらしいとか、半年間エサを食べずとも平気らしいとか。捕食シーンは結構グロいとか(^^;)捕食シーンを撮影した映像を観ましたが、確かにグロかったです。

animal01.jpg animal01a.jpg
でもでも水中をひらひら泳ぐ姿はやっぱり可愛いですよねぇ♪

次はエゾリス。網走監獄博物館敷地内で遭遇。
animal02.jpg animal02a.jpg
ちろちろと茂みの中を駆け回っていました。

そしてタンチョウヅル。釧路には、鶴居や鶴見台という地名がありまして、どこまでもまっすぐな道路を走っていると、道沿いの田畑にたくさんの鶴がいるのです。
animal03b.jpg animal03.jpg
この時期はまだ田畑が緑なので、白い鶴の姿がよくわかります。綺麗ですね。特別天然記念物。絶滅危惧種です。

animal03a.jpg
運良く飛翔シーンを撮影できました(^^) 鶴の鳴き声も聞けて嬉しかったです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。