スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月20日 (火) | 編集 |
知床五湖ではいろんな自然の営み、ひいては食物連鎖の構図をみることができました。

goko04b.jpg
屋久島でもみることが出来た、倒木更新。枯れて倒れた木の上にタネが落ち、新たに育っていく木々達。

goko04.jpg
裂けた木の割れ目に、小さな小さな芽。

雪虫
そうそう、いっぱい雪虫が飛んでいました。この小さな虫たちが飛び始めると、北海道には雪が降るそうです。

ヒグマの爪痕
木にくっきり残った、ヒグマの爪痕。小熊が木から降りた跡だそうです。

知床五湖
そしてエゾジカ。遊歩道のすぐ側でのんびりしてました。角がまだ小さいので若鹿ですね。

ただ前にも書きましたが、エゾジカが増えすぎて木々や知床固有の植物を食い荒らして、木々が枯れたり植生が乱れているそうです。

フレペの滝散策路にて
フレペの滝散策路で、草を食べる親子連れの鹿たち。クマザサの若芽やススキなど食べてしまい、アクのある反魂草だけが茂っていました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。