スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月21日 (水) | 編集 |
北海道で出会った動物達、といえば、これらの動物達も忘れることは出来ません。

なんといっても、牛!と馬!です(^^)
animal04.jpg animal05.jpg
牛はいっぱい居ましたよ~。乳牛だけではなく、肉牛も多いのだとか。馬は道産子?馬が労働力だった時代は過ぎ、今は趣味で飼っている人が多いのだそうです。動物達がのんびり草をはみ、日光浴している姿は和みます(^^) ←まあ、実際牧場経営は大変な重労働ですし、動物達の出すメタンガスが地球温暖化に拍車をかけているとか、家畜飼料にまわす穀類栽培をやめて、人間用の食料を作れば世界の飢餓人口は随分減るとかいろいろ問題はあるのですがね(--;) 私自身あまり牛肉が好きではないこともあって、乳牛はいても良いけど、食肉牛は減っても良いのに…とはちょっぴり思います。

閑話休題。
ウトロの町内を流れる岩尾別川にて。
animal07.jpg
遡上するサケ。産卵シーズン中で、とってもたくさん居ました。場所によってはすぐ側を泳いでいて、そのまま手づかみで捕れるんじゃないか思うくらい。ちなみに港でサケを釣っても良いですが~釣り人たくさん居ました~川を遡上中のサケを捕ってはいけないそうです。

animal06.jpg
夜の動物ウォッチング中にみかけたエゾシカ。4才以上と思われるオスから子鹿を連れた親子鹿まで本当にたくさんの鹿を観ることが出来ました。他にもシマフクロウとキタキツネにも遭遇。キタキツネのとことこ歩く姿は本当に可愛いですね。シマフクロウの飛翔風景も迫力がありました。…が、写真にはぜんぜん撮れてませんでした(^^;)ので、せめてオホーツク流氷館に居たキタキツネの剥製を。↓
animal11.jpg

そうそう忘れてはいけないもう一匹。オシンコシンの滝の、名物猫「ノラ」ちゃん。
名物猫・のらちゃん
知ってる人は知っている、有名猫。何年か前にはテレビにも出たみたい。私も事前に聞いていたので本猫(笑)を実際に観た時は「おお、居た!」という感じでしたが(^^)

人間で言うともう80才くらいだそうで、この時もじーっとお昼寝中。何やら視力も弱っていて、殆ど見えてないとの話も聞きました。売店の人が病院に連れていったりしているそうで(売店裏には小屋もあるらしい)、厳密な野良ではないみたいですが。可愛かったです! 猫のお昼寝風景ほど、和むものはないよね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。