スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年01月07日 (木) | 編集 |
今年の目標の一つは『旧暦の習慣や季節感を大切にしよう』というものです。
1/7は人日。この日の朝に七草粥を食べることで、邪気を払い万病に効く、一年無病息災で過ごせる、と言われています。まあ現代風に言えば、お正月料理に疲れた胃に優しく、不足しがちなビタミン類や食物繊維を補うことができるということですかね。

そんな訳で、今年は春の七草を用意。最近は、スーパーで七草粥セットとして売っている他、種苗店でも七草の苗セットで鉢植えとして売られていますね。

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」
……なんとか、名前はそらで言えますが、見分けがつくのは、すずな(蕪)とすずしろ(大根)だけです(^^)

家族にはちゃんと今朝、七草粥を出しましたが、私はお粥がちょっと苦手なので、七草うどんでv
元々は七草の入ったあつもの(汁物)として食されていたそうなので、うどんでもいいかな~と。
eat243.jpg
七草の他に、梅干しとか、昆布餅とか、葱も入ってたりしますが(^^)

七草粥の習慣は日本では平安期に始まり、昔の七草は、胡麻や小豆、粟やキビなどを七草と呼んだそうです。
江戸時代は将軍様以下、武家の皆様一同儀式として七草粥を食べていたそうです。千年前からの儀式、風習が続いているって、面白いですね。やっぱり大事にしたいな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。