スローな暮らしの中の、小さな幸せ。のんびりぷちエコ。ゆっくり楽しみながら。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年04月21日 (水) | 編集 |
スローライフ・フィールドの2010年度「家庭菜園ステップアップ講座」第一回に参加して来ました♪
ks01a.jpg
50人の定員に90人の応募があり、抽選で60人が受講できることになったそうです。結構、倍率高い?
私は市民農園を借りているのですが、一般の応募も多かったみたい。半分は一般の方じゃないのかなぁ?

ks01.jpg
ともあれ1回目ということで、「ナス科野菜の植え付けについて」ということだったのですが、まずは菜園スケジュールを考えよう♪ということで、モデルケースを例に輪作の重要性について。病害虫やコンパニオンプランツについても触れながら細々と。

ついで土づくり。肥料については、各農作物ごとのチッソ、リン酸、カリの必要量まで細々と(--l)家庭菜園レベルで、そこまで必要ですか?とちょっと思いましたけど、ナス科野菜の説明の中で、同じナス科野菜でも、トマトとナスでは必要な肥料量が違うため、同じ与え方をしてはどちらか一方がうまく生育できない~具体的には、トマトは肥料過多による木ボケになりやすく、ナスは逆に肥料不足で木マケしやすい~のだと言われ納得。

元肥と追肥で必要量になるようにすること、また多く与えすぎてもダメ、また消石灰類は1㎡に100g程度で充分、牛糞は肥料ではない、など、なるほどねぇ~な説明が。

その他、病気の原因になるので収穫残や乾いていない雑草は土に埋めないこと。特に家庭用の生ゴミ処理機で乾燥させた生ゴミは、未発酵の上水分を乾燥させただけの為、土に埋めると水分を吸い込んで生ゴミに戻ってしまうだけであり、絶対にやめること、など、初回にしていっぱいいっぱいでした(^^;)

ks01c.jpg
ナス科野菜については、苗の選び方、株の剪定、仕立て方などなど。
あ、一番重要なことは、『植え付けを慌てない』ことだそうです。
GW目指して苗が出回りますが、風が強いことが多く、気温も低い日があるので、もし植え付ける場合は保温キャップや行灯仕立てなど保温を忘れずに。できれば5/15あたりを目安に植え付けると良いそうです。

さて講座も始まったことだし、そろそろ本腰を入れて作業しなくてはいけません。
まずは畝づくりから♪元肥もいれなきゃ…とその前に、草むしりを……(--l)だって全然晴れないんだもん。
4/3に植え付けた種芋が腐ってないか心配です。

tyu035d.jpg
庭植のチューリップ、スプリンググリーン。少しずつ開花中ですv

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。